セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
公募助成
公募助成決定団体
公募助成決定内訳
過去の公募助成先一覧
助成先のご紹介
これまでの助成結果

助成制度

助成決定団体

2009年度(平成21年度)NPO法人格取得助成

(単位:円)
団体名
活動場所
活動内容
助成金額
分野
宮城
NPO法人 森は海の恋人
(旧:牡蠣の森を慕う会)
気仙沼市、岩手県一関市ほか
牡蠣養殖の現場で、森と海の密接な繋がりについて学ぶ活動
500,000
体験型環境学習活動
群馬
NPO鷹の森たかさき
(法人格取得済み)
高崎市倉渕町
クマタカを中心とした大型希少猛禽類の保護と繁殖のための活動
447,425
野生動植物種の保護・保全
神奈川
市民農園を拡げる会
藤沢市 市民活動推進センター
耕作放棄地の市民農園活用による環境保全活動
100,000
環境への負荷軽減
長野
あずさの虹
松本市
梓川流域で児童(親子)を対象に農作業と川遊びを中心にした体験型環境学習活動
500,000
体験型環境学習活動
奈良
大和郡山市 矢田山遊びの森
国有林、県有林、私有林の間伐・枝打ち、林内整理、下刈り、放棄棚田への植林
255,452
森林


2009年度(平成21年度)NPO法人格取得助成の継続助成

NPO法人格取得助成は、原則3年間継続して助成しますが、2年目、3年目の助成は、前年度の活動報告と次年度の活動計画を審査して助成を決定します。
審査において、助成申請の事業計画の通りに成果が上げられず、次年度の事業計画にも助成する効果が認められないと判断された場合は、2年目以降の助成を行わない場合もあります。
また、3年間の継続助成終了後に、助成先団体から引き続きの助成申請があり、審査会で助成することが日本の環境市民活動に有意義であり、団体に必要であると審査決定した場合は、改めて申請活動に対して助成することもあります。

(単位:円)
団体名
活動場所
活動内容
助成金額
分野
開始年
北海道
札幌市中央区界川 旭山記念公園「森の家」など
自然生態系の中で森をつくり育てている菌類の観察をし、楽しくごみ拾いを行う
499,930
体験型環境学習活動
2007
厚岸郡浜中町
シマフクロウが後世も存続していけるように、保護・保全・普及・啓発活動を行う
500,000
野生動植物保護保全
2008
山形
最上地方および庄内地方
持続可能な里の自然と文化の形成を目指す、共有と保全活動を行う環境ネットワークづくり
500,000
自然観葉保護保全活動
2007
群馬
群馬県吾妻郡高山村中山
竹炭、竹粉などを生産し、代替エネルギー、肥料などとして生かし里山の整備を図る
500,000
里地里山の保全
2008
埼玉
県内荒川流域 秩父付近ほか
県内荒川流域の森林に落葉広葉樹を植栽し、緑化推進を図ると共に、啓蒙活動を実施
500,000
森林保護保全
2008
大阪
クワガタ探検隊
池田市、箕面市(府立緑のセンター)ほか
日本古来の自然観に基づく、カブト虫・クワガタ虫との体験学習
500,000
体験型環境学習
2008
奈良
NPO法人 グリーンスポーツ奈良
京都府木津川市 恭仁京跡広場
広場に芝生を植え、各家庭の空地・空間にも広げ地球温暖化防止の輪を広げる
500,000
環境負荷軽減
2008
和歌山
和歌山市
子どもたちが試乗できるソーラーカーを製作し、体感型学習による人材育成の実施
500,000
体験型環境学習活動
2007
広島
広島市市民交流プラザ
情報誌、学習会を通して、流域住民が「太田川」を知り相互の交流を図る
499,000
自然観葉保護保全活動
2007
熊本
熊本市
「持続可能な熊本への提案」の実現にむけた環境保全活動
500,000
環境負荷軽減
2008

過去の助成先一覧へボランティアリンクへ



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.