bar
文字サイズ
わが街の環境マイスター 年に10万匹のホタルを育てる

photo
自然公園内のこのせせらぎにホタルが自生するすることが夢。今はその足がかりができた段階だ
坂井弘司さん
旭川市西神楽ホタルの会事務局長

かつてホタルが乱舞した旭川で、もう一度子どもたちにホタルを見せてあげたい。
その思いが、毎年7000人が訪れるホタルの里をつくり上げた。


食べ物の“物語”を伝えたい

 
 夜の帳の降りた室内に、信じられない数の小さな光が点滅しはじめた。「ホタル祭りin西神楽」を前に、「幼虫大量飼育装置」でほぼ1年を過ごしたホタルが、続々と成虫になりはじめているのだ。ホタルが光るのは、成虫になってからの最後の10日間だけ。「ホタル祭り」では、西神楽公園のせせらぎで1000〜2000匹のホタルの成虫が放され、7000人もの人が訪れる。今年で11回を数える祭りは、旭川の夏の風物詩として定着し、「ホタルといえば西神楽」とまでいわれるようになった。
 このホタルの里づくりの立役者が、西神楽ホタルの会事務局長の坂井弘司さんである。坂井さんは、中学の数学教師として40年近く教壇に立ってきた。
「最後に校長を務めた中学の科学部の活動の一環に、ホタルの保存・育成がありました。その子たちを見ているうちに、自分自身でもっと大規模な飼育をして、ホタルを自然に帰せないものだろうかと考えるようになったのです」
 もともと水の豊かな旭川は、道内では有数のコメどころである。郊外には田園が広がり、夏ともなれば、ホタルの群舞が見られる土地だった。しかし、農業環境の変化、とくに用水路の三面コンクリート化や家庭排水に含まれる化学物質、街灯の整備による明るさなど、複雑な要因が絡まり、ホタルはいつの間にか希少な存在になってしまった。

photo
「幼虫大量飼育装置」の中で育つのはヘイケボタル。部屋の照明を消せば夢幻の世界が広がる
 
photo
坂井さんの人柄にひかれて多くの人が活動に加わっている


 かろうじて残ったホタルを育成しようと励む生徒たちに触発された坂井さんに、転機が訪れた。旭川市が、それまでキャンプ場だった地域を整備して自然公園にしようとする計画を立てたのだ。坂井さんは、そこにせせらぎを再現できれば、ホタルの再生は可能だと考えた。そこでPTAの役員を中心にホタルの会の結成をよびかけたところ、個人の他に、賛助会員になってくれる企業も現れ、自然公園内にホタルの生息に適したせせらぎをつくることができた。
 ホタルの会が設立された1996年にちょうど定年を迎えた坂井さんは、以来、幼虫の飼育のための生態研究や飼育装置の開発に取り組んできた。専門家の元に通ってはホタルについて一から学び、周囲の知恵と力を集め、会の地盤固めに奔走した。

自然の中で生きるホタルが目標

 
 ホタルの再生は、地道な仕事の繰り返しだ。公園のパークセンターにある飼育室では、成育状況によって幼虫を選別し、大きさに応じて水槽を変えてやる。こうしないと、大きな幼虫が餌を独占して小さい幼虫が育たなくなってしまうからだ。苦労は絶えないが、昨年は13万5300匹ものホタルを育てた。
 その活動が評価され、06年には北海道新聞社の「道新ボランティア奨励賞」を、08年には「いきもの環境づくり・みどり部門」で環境大臣賞を受賞している。
「いつまでも飼育に頼るのではなく、解き放ったホタルが自然のなかで生き続けてくれることが目標です」と坂井さんは話す。そのためには、ホタルの生息・繁殖にふさわしい環境をつくっていかなければならない。会長を務める本田伸一さんの言葉を借りれば、「ホタルの再生を追い求めていたら、エコの問題にぶつかった」のである。
 坂井さんたちが、より広く環境問題に目を向けるようになったのは、ある「事件」がきっかけだった。
photo
自然公園内のこのせせらぎにホタルが自生するすることが夢。今はその足がかりができた段階だ

photophoto
左=口径の違うスポイトで幼虫を選別する。細かい作業だが、同時に個体数を確認できる貴重な作業だ/右=成虫になる前に土にもぐり「土まゆ」になるホタルのために、柔らかい土が必要だ



 
ホタル祭りのたびに借り受けていた駐車場が、あるとき売却されることになった。祭りの開催には欠かせない場所だったため、会で購入しようとしたが、資金がない。会員が基金を作り、広く市民に募金を呼びかけたところ、思いのほか集まったが、やはり駐車場には手が届かなかった。そこで、安い放置林を2ヘクタール購入、会員がボランティアで木を伐採し、駐車場として整備した。
 しかし、駐車場の周囲の伐採跡を、むきだしのままにすることはできない。結果的に、そこに300本の植林を行い、少しでも自然回復を図ることにしたのである。この一件は、会員たちの環境に対する意識を高めることになった。
 坂井さんが気になるのは、会の今後のことだ。そこに、坂井さんの熱意に動かされた力強い後継者が現れた。生物が専門の科学教師、坂本征文さんが、事務局次長として参加することになったのである。坂井さんの周りには、人が自然と集まってくる。今後は、ホタルを通じて学んだノウハウを、水生生物全体に広げていく予定だという。
「私は子どもたちにホタルの素晴らしさを見せてあげたい。子どもの感性が育つのは3歳まで、という説があるくらいですから」と語る坂井さんの眼差しはやさしい。この眼差しが、ホタルを育て、ホタルの会を育ててきたことがうかがえた。
飼育装置は流水を再現するため階段状になっている。一番下にたまった水は再度ポンプで最上段へと循環される。装置から「脱走」した成虫を保護するため、窓辺には濡れたタオルが置かれている(上)
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・移住者の視点で森の町の課題に挑む 麻生 翼さん NPO法人 森の生活 代表理事
・生ごみの堆肥化で循環社会を創る たいら由以子さん NPO法人 循環生活研究所 理事長
・「地球の消費者」から「地球の生産者」へ 加藤大吾さん NPO法人 都留環境フォーラム 代表理事
・干潟に子供たちの歓声を取り戻す 足利由紀子さん NPO法人 水辺に遊ぶ会 理事長
・日本型の環境教育を求めて 新田章伸さん NPO法人 里山倶楽部 副代表理事
・カメラに託した「水」への熱き思い 豊田直之さん 写真家
・「月に一度は山仕事!」のすすめ 山本 博さん NPO法人 日本森林ボランティア協会 事務局長
・奥能登の昔ながらの暮らしを“再発見” 萩野由紀さん まるやま組主宰
・北海道から広げる自然教育ネットワーク 燒リ晴光さん NPO法人 ねおす 理事長
・「森のようちえん」は毎日が冒険 原淳一さん NPO法人 アキハロハスアクション 理事長
・東北に国産材のサイクルを築く 大場隆博さん NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク 副理事長
・魚食復活をめざし、本日も全力疾走 上田勝彦さん 魚食復興集団 Re-Fish 代表
・「竹害」との戦いにかけた第二の人生 松原幸孝さん NPO法人 かいろう基山 事務局
・ニッポンバラタナゴの楽園を守る 加納義彦さん NPO法人 ニッポンバラタナゴ高安研究会 代表理事
・雁の里から発信「ふゆみずたんぼ」 岩渕成紀さん NPO法人 田んぼ 理事長
・「夢」は最高のエネルギー 杉浦嘉雄さん 日本文理大学 教授
・宮沢賢治に導かれて山村へ 吉成信夫さん NPO法人 岩手子ども環境研究所 理事長
・「海のゆりかご」再生にかける 工藤孝浩さん 神奈川県水産技術センター 主任研究員
・お金に換えられない価値を知る 澁澤寿一さん NPO法人「樹木・環境ネットワーク協会」理事長
・自然界に学ぶ最先端の技術 仲津英治さん 「地球に謙虚に運動」代表
・豊かな森を人づくりに活かす 萩原喜之さん NPO法人「地域の未来・支援センター」理事長
・自然が先生──生きる力を育てる 広瀬敏通さん NPO法人「日本エコツーリズムセンター」代表理事
・ホタルに託した鎮魂の思い 冨工妙子さん ながさきホタルの会・伊良林小学校ホタルの会 会長
・人とトキのかけはしになる 高野毅さん 生椿(はえつばき)の自然を守る会 会長
・民間の力で都立公園の緑を守る 佐藤留美さん NPO法人 NPO birth 事務局長
・花の湿原を守る肝っ玉かあさん 三膳時子さん 認定NPO法人 霧多布湿原トラスト 理事長
・干潟を拠点に人と自然をつなぐ 立山芳輝さん NPO法人 くすの木自然館 理事長
・子どもたちの冒険に寄り添う 佐々木豊志さん NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所 理事長
・北海道にシマフクロウを呼び戻す 菅野正巳さん NPO法人 シマフクロウ・エイド
・ふるさと新城をもう一度桜の名所に 松井章泰さん 「100万本の桜」プロジェクト発起人
・1960年代の武蔵野の自然を取り戻す 佐藤方博さん NPO法人 生態工房
・緑ふたたび──三宅島に苗木と元気を! 宗村秀夫さん NPO法人 「園芸アグリセンター」 理事長
・冬の山中湖を彩るキャンドル 渡辺長敬さん NPO法人 富士山自然学校 代表
・年に10万匹のホタルを育てる 坂井弘司さん 旭川市西神楽ホタルの会 事務局長
・築230年の古民家に生きる 時松和宏さん 大分県九重町 農家民宿「おわて」 主人

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.