bar
文字サイズ
わが街の環境マイスター 豊かな森を人づくりに活かす
萩原喜之さん
NPO法人「地域の未来・支援センター」理事長

企業・行政・NPOが協働で取り組む愛知県豊田市の「豊森(とよもり)なりわい塾」。
中京地区の環境リーダー、萩原さんがいま取り組むのは、里山を基点としたコミュニティビジネスと人材育成だ。


くらし・かせぎ・つとめを正三角形に

 
 愛知県名古屋市中区にあるNPO法人「地域の未来・支援センター」。理事長の萩原喜之さんは、NPO活動を続けて31年になるスペシャリストだ。現在もリユース&リサイクルを活動のメインに据えた「中部リサイクル運動市民の会」の理事、2005年開催『愛・地球博』でのEXPOエコマネー創設を機に発足した「エコデザイン市民社会フォーラム」の代表理事を兼任し、環境や地域社会について「他人事でなく自分事として考えられるような機会と場」を提供しつづけている。
 萩原さんがいまもっとも力を注いでいるのが、2009年にスタートした「豊森(とよもり)なりわい塾」――森を基点とする人材育成プロジェクトだ。これは地域の未来・支援センターと豊田市とトヨタ自動車という、NPO・行政・企業が三位一体となり、「街と里山が一体となった地域循環型社会の仕組みを作り、人と人の心を結び直す」をコンセプトにしたプロジェクトである。2年を1期として30名ほどの塾生を募っている。
 事の発端は08年、トヨタの所有する里山の調査と環境教育のリーダー養成について、相談をもちかけられたことだった。いっぽう、05年の市町村合併で広大な森林を抱えることになった豊田市も、国から環境モデル都市に選定され、アクションプログラムを策定中だった。そのとき、萩原さんの脳裏にひらめいたのが、「放置されたままの森と、人と仕事をつなげるための人材育成の場」という、世界に類例を見ない「なりわい塾」の原型だった。
 
photo
「豊森(とよもり)の由来は、トヨタ・豊田市・豊かな森です」とプロジェクトの来歴と構想を語る萩原さん。塾の講師には各NPO法人代表や、地元の人たち、1期生など、活動中の人々を招き、自らも講師役を務める

 
photo
photo
市域の70%を森林が占める豊田市をベースにおこなわれるフィールドワーク(上)。塾生たちによる田植えの風景(下)。
 
 一期生は、建築家、公務員、大手企業の社員、材木販売業、兼業農家従事者、保育士など職種もさまざまなら、年齢も20代から50代とさまざまな男女が選ばれた。カリキュラムはあってないに等しく、講師と塾生が手探りで、森林の手入れ、昔ながらの豆腐づくりや米づくり、里山での保育活動などのフィールドワークやディスカッションを月に2日間おこなう。田舎暮らし塾でも起業塾でもないこのプロジェクトの現場から、「豊森的」という言葉が自然に生まれてきた、と萩原さんはいう。
「暮らしを創る力(くらし)と、なりわいを構想する力(かせぎ)、地域を支える力(つとめ)の三つを偏りのない正三角形にしていくことで、自然と仲間ができる(つながり)。それが豊森的ということですかね」
 たとえば、豊田市足助(あすけ)町に移住し、家具工房を構えた夫婦が1期生にいる。彼らはそれまで売っている材木だけを見て家具をつくっていたが、「豊森」への参加を機に、山の現状を考えながらつくるようになった。この変化は、作業の行程や製品ばかりか、彼らの人生観にも大きな影響を与えた。
 現在、夫婦は年に2度ある足助の祭りを積極的に手伝い、また豊田市の森に密生している杉や檜のような針葉樹で家具を作ることにチャレンジしているという。まさに「豊森的」ライフの実践者が誕生したのだ。

種と肥沃な土壌を同時に育てる

 
 萩原さんがNPOに関わるようになった経歴は少し変わっている。27歳のときに友人と「ロック歌舞伎」を立ち上げるため、3年勤めた雑誌制作会社を退職した。しかし直後に話が頓挫、途方に暮れた萩原さんは、ある日ラジオから流れてきた「リサイクル運動」の話に興味を引かれる。後日訪ねた大阪のリサイクル団体の若いメンバーたちに触発され、たったひとりで「中部リサイクルの会」を発足した。80年10月のことだった。ガレージセールを開催したり、不用品情報誌を創刊したり、エコ商品の開発・普及に熱心に取り組んだ。まだ「リサイクル」という言葉が一般化されていないころの話である。
 
photo
農の中心「米づくり」を身体で学ぶ

photo
「今回の震災で日本の価値観は大きく揺らいでいる。故郷、家族、仲間、地域コミュニティなどをもう一度取り戻さなくては」
 
 以来、萩原さんはずっと「人は動機があれば行動する」と信じ、「行動を起こさせるためのきっかけと仕組みづくり」に奔走してきた。しかし、「豊森」の活動を通して、行動への動機づけに不可欠なのは「人と人とのつながり」だということにあらためて気づかされたという。
「人は守る相手、愛する相手がいれば頑張れる。その相手が幸せに暮らせるのなら、ごみの仕分けだって、環境を守るためのデモだってするんですよ。逆に、つながりがなければ環境なんて絶対に良くならない」
 11年4月、「豊森なりわい塾」は第2期を開講した。27名の塾生と萩原さんは、第1期の成果をもとに、自然に根ざした「くらし」と「かせぎ」と「つとめ」の可能性を懸命に模索している。
「種は肥沃な土に落ちて、水を得てから発芽します。個人を育てるのも大事だけれど、その個人が芽を出すための土づくりも非常に大事。では誰が土をつくるのか。それはやっぱり個人なんだけどね。鶏か卵かみたいな話だけど、優秀な種をたくさん育て、同時に肥沃な土をつくる、これしか行き着く先はないでしょうね」
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・移住者の視点で森の町の課題に挑む 麻生 翼さん NPO法人 森の生活 代表理事
・生ごみの堆肥化で循環社会を創る たいら由以子さん NPO法人 循環生活研究所 理事長
・「地球の消費者」から「地球の生産者」へ 加藤大吾さん NPO法人 都留環境フォーラム 代表理事
・干潟に子供たちの歓声を取り戻す 足利由紀子さん NPO法人 水辺に遊ぶ会 理事長
・日本型の環境教育を求めて 新田章伸さん NPO法人 里山倶楽部 副代表理事
・カメラに託した「水」への熱き思い 豊田直之さん 写真家
・「月に一度は山仕事!」のすすめ 山本 博さん NPO法人 日本森林ボランティア協会 事務局長
・奥能登の昔ながらの暮らしを“再発見” 萩野由紀さん まるやま組主宰
・北海道から広げる自然教育ネットワーク 燒リ晴光さん NPO法人 ねおす 理事長
・「森のようちえん」は毎日が冒険 原淳一さん NPO法人 アキハロハスアクション 理事長
・東北に国産材のサイクルを築く 大場隆博さん NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク 副理事長
・魚食復活をめざし、本日も全力疾走 上田勝彦さん 魚食復興集団 Re-Fish 代表
・「竹害」との戦いにかけた第二の人生 松原幸孝さん NPO法人 かいろう基山 事務局
・ニッポンバラタナゴの楽園を守る 加納義彦さん NPO法人 ニッポンバラタナゴ高安研究会 代表理事
・雁の里から発信「ふゆみずたんぼ」 岩渕成紀さん NPO法人 田んぼ 理事長
・「夢」は最高のエネルギー 杉浦嘉雄さん 日本文理大学 教授
・宮沢賢治に導かれて山村へ 吉成信夫さん NPO法人 岩手子ども環境研究所 理事長
・「海のゆりかご」再生にかける 工藤孝浩さん 神奈川県水産技術センター 主任研究員
・お金に換えられない価値を知る 澁澤寿一さん NPO法人「樹木・環境ネットワーク協会」理事長
・自然界に学ぶ最先端の技術 仲津英治さん 「地球に謙虚に運動」代表
・豊かな森を人づくりに活かす 萩原喜之さん NPO法人「地域の未来・支援センター」理事長
・自然が先生──生きる力を育てる 広瀬敏通さん NPO法人「日本エコツーリズムセンター」代表理事
・ホタルに託した鎮魂の思い 冨工妙子さん ながさきホタルの会・伊良林小学校ホタルの会 会長
・人とトキのかけはしになる 高野毅さん 生椿(はえつばき)の自然を守る会 会長
・民間の力で都立公園の緑を守る 佐藤留美さん NPO法人 NPO birth 事務局長
・花の湿原を守る肝っ玉かあさん 三膳時子さん 認定NPO法人 霧多布湿原トラスト 理事長
・干潟を拠点に人と自然をつなぐ 立山芳輝さん NPO法人 くすの木自然館 理事長
・子どもたちの冒険に寄り添う 佐々木豊志さん NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所 理事長
・北海道にシマフクロウを呼び戻す 菅野正巳さん NPO法人 シマフクロウ・エイド
・ふるさと新城をもう一度桜の名所に 松井章泰さん 「100万本の桜」プロジェクト発起人
・1960年代の武蔵野の自然を取り戻す 佐藤方博さん NPO法人 生態工房
・緑ふたたび──三宅島に苗木と元気を! 宗村秀夫さん NPO法人 「園芸アグリセンター」 理事長
・冬の山中湖を彩るキャンドル 渡辺長敬さん NPO法人 富士山自然学校 代表
・年に10万匹のホタルを育てる 坂井弘司さん 旭川市西神楽ホタルの会 事務局長
・築230年の古民家に生きる 時松和宏さん 大分県九重町 農家民宿「おわて」 主人

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.