bar
文字サイズ
わが街の環境マイスター 環境保全活動を通して、成長する若者たち
草野 竹史さん
NPO法人 ezorock代表理事

野外フェスでのごみ対策、未活用の木材の有効活用、大雪山の登山道整備…… 草野さんは北海道のNPO法人の代表理事として、環境保全や地域づくりの 現場への若者の参加を支援、課題の解決と次世代の育成に取り組んでいる。


多様な若者が集まるコミュニティ
 

「団体名だけでは、何をしている団体なのかわかりにくいようにしています。なぜなら、環境という言葉がつくだけで、関心の高い人たちのコミュニティに見えてしまうからです」

 草野さんは、「どうしてそんなに意欲的な若者が集まってきているのか?」とたびたび寄せられる質問に対してこう答える。さらに、「最初から意欲的な若者は本当にごく一部で、活躍しているメンバーの多くは、なにげなくふらっと活動に参加し、2年、3年と活動するうちに、変化していきます。その結果、意欲的な若者が多くいるように見えているだけです」とも答えている。団体設立から18年目を迎え、いまや環境問題以外にも、防災から教育など北海道内のさまざまな課題の解決に向けて、多くの若者が活動するようになったのだ。

 そのような団体を作り上げてきたのは、草野さん自身の体験が根本にあった。環境問題に関心を持ち始めたのは高校生のころ。およそ20年前のことだ。もともと環境のことは、知ってはいたが、自分の生活とは関係のない話だと思っていたため、友人につられてごみをポイ捨てするような高校生だった。しかしあるとき、野生生物がポイ捨てされたビニール袋を食べて傷ついているということを知り、ショックを受ける。動物が好きで将来漠然と動物園で働けたらいいなと考えていた自分が、知らず知らずのうちに生き物を傷つけていたことに気づいたのだ。さらに1997年には京都議定書が策定されるなど、日本社会において環境問題に対する機運が高まっていったことも後押しし、草野さんは環境問題、とりわけごみ問題について真剣に考えるようになっていった。大学では環境について学ぼうと酪農学園大学経営環境学科に進学。ポイ捨て問題の解決について学べると期待に胸を膨らませていた。

[photo]
ezorockが活動の拠点にしている札幌市内の一戸建てには薪ストーブがあり、プロジェクト内でできた薪を燃やしている

photo
気さくな人柄に惹きつけられ、草野さんのまわりには自然に人が集まってくる
 

「ごみのポイ捨てについての認識はあっても具体的な解決の方法はわからなかったんです。学内にポイ捨てされたタバコの吸殻を集めて、廊下に並べてみたりしましたが、何も変わらない。どうしたらいいのかわからず、途方にくれていました」

 転機は「ライジング・サン・ロックフェスティバル(以下RSR)」にボランティアとして参加した2000年にやってきた。RSRは1999年から毎年開催されている大規模な野外ロックフェスティバルだ。普段は何もない石狩湾岸の土地に水や電気を引き、2日間だけのステージを設営する。参加者は会場内にテントを持ち込んで宿泊し、音楽を聴きながら思い思いの時間を過ごす。ezorockの活動の成果もあり、いまでは、来場者とともに環境問題に積極的に取り組むフェスティバルとして認識されているが、当時は参加者がごみを放置していってしまうことが問題視されていた。草野さんはそこでごみを拾おうと張り切って参加したが、その場を取り仕切っていた国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」の現場責任者の羽仁カンタ氏に痛烈な一言を浴びせられてしまう。

photo
ミーティングの様子。各プロジェクトの責任者がお互いの活動状況を共有し、人手不足などを補う
 

「君はずっと、ごみ拾い続けるのか? それよりも、どうやればポイ捨てが減るのかを考えろ」

 当然のことながら、どんなにごみを拾ってもポイ捨てする人がいなくならなければ問題は解決しない。草野さんはその事実に気づき、ポイ捨て問題の根本的解決へ向けて当時共感した11名の仲間と動き出すことになった。この出来事がezorock創設のきっかけとなる。


合言葉は「D.I.Y.」
 

 その後ezorockはサークルのような団体として2005年までRSRのごみ問題を中心に取り組む。その間に草野さんは大学を卒業し、環境問題のコンサルタント会社で働いた。しかし再び羽仁氏に「もっと真剣に身を入れてみてはどうか」と活を入れられたことで火がつき、退職して2006年にezorockを事業化。自身の経験をもとに、若者が北海道各地の課題の現場に参加する仕組みをつくり、現在の形になったのである。

 現在、ezorockの会員は300人ほど。学生から社会人まで、多様なメンバーが地域や自然のために何かしてみたいというモヤモヤした気持ちを抱えた若者が多い。ezorockで向き合いたい課題をみつけ、各々の考えで取り組んでいる。

「北海道各所から集まってくるさまざまな課題と、何かしたいと考えている若者の接点が生まれるコミュニティを構築していきたいですね。これからも誰かが何とかしてくれるではなく、D.I.Y.(Do It Yourself)の精神で、多様なメンバーと取り組んでいきたいですね」

photo
札幌市の中心部近くにあるezorockの拠点。秘密基地のような雰囲気だ
photo photo photo photo photo
場内で配られるほくほくのジャガイモ。前年のRSRで回収した生ごみを堆肥化して育てたものだ
RSRの会場ではメッセージ入りのごみ袋を配布(上)。ステージではメンバーによる活動の説明もおこなわれる
RSRではごみを13種類に分別。リサイクルのためだけでなく、安全面も考慮した結果だ
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・浜辺のごみ拾いを20年で大きな運動に 鈴木 吉春さん 環境ボランティアサークル 亀の子隊代表
・「美味しい」を手がかりに大阪湾を再生 岩井 克己さん NPO法人 大阪湾沿岸域環境創造研究センター 専務理事
・環境保全活動を通して、成長する若者たち 草野 竹史さん NPO法人 ezorock 代表理事
・主体性のある人間を自然の中で育てたい 山本 由加さん 認定NPO法人 しずおか環境教育研究会(エコエデュ) 副理事長兼事務局長
・付加価値の高い木材で山を元気に 藤﨑 昇さん NPO法人 もりずむ 代表理事長
・自然を大切にする人を育てる幼児教育 内田 幸一さん 信州型自然保育認定園「野あそび保育みっけ」 園長
・企業経営で培った組織のマネジメント 秋山 孝二さん 認定NPO法人 北海道市民環境ネットワーク 理事長
・移住者の視点で森の町の課題に挑む 麻生 翼さん NPO法人 森の生活 代表理事
・生ごみの堆肥化で循環社会を創る たいら由以子さん NPO法人 循環生活研究所 理事長
・「地球の消費者」から「地球の生産者」へ 加藤大吾さん NPO法人 都留環境フォーラム 代表理事
・干潟に子供たちの歓声を取り戻す 足利由紀子さん NPO法人 水辺に遊ぶ会 理事長
・日本型の環境教育を求めて 新田章伸さん NPO法人 里山倶楽部 副代表理事
・カメラに託した「水」への熱き思い 豊田直之さん 写真家
・「月に一度は山仕事!」のすすめ 山本 博さん NPO法人 日本森林ボランティア協会 事務局長
・奥能登の昔ながらの暮らしを“再発見” 萩野由紀さん まるやま組主宰
・北海道から広げる自然教育ネットワーク 髙木晴光さん NPO法人 ねおす 理事長
・「森のようちえん」は毎日が冒険 原淳一さん NPO法人 アキハロハスアクション 理事長
・東北に国産材のサイクルを築く 大場隆博さん NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク 副理事長
・魚食復活をめざし、本日も全力疾走 上田勝彦さん 魚食復興集団 Re-Fish 代表
・「竹害」との戦いにかけた第二の人生 松原幸孝さん NPO法人 かいろう基山 事務局
・ニッポンバラタナゴの楽園を守る 加納義彦さん NPO法人 ニッポンバラタナゴ高安研究会 代表理事
・雁の里から発信「ふゆみずたんぼ」 岩渕成紀さん NPO法人 田んぼ 理事長
・「夢」は最高のエネルギー 杉浦嘉雄さん 日本文理大学 教授
・宮沢賢治に導かれて山村へ 吉成信夫さん NPO法人 岩手子ども環境研究所 理事長
・「海のゆりかご」再生にかける 工藤孝浩さん 神奈川県水産技術センター 主任研究員
・お金に換えられない価値を知る 澁澤寿一さん NPO法人「樹木・環境ネットワーク協会」理事長
・自然界に学ぶ最先端の技術 仲津英治さん 「地球に謙虚に運動」代表
・豊かな森を人づくりに活かす 萩原喜之さん NPO法人「地域の未来・支援センター」理事長
・自然が先生──生きる力を育てる 広瀬敏通さん NPO法人「日本エコツーリズムセンター」代表理事
・ホタルに託した鎮魂の思い 冨工妙子さん ながさきホタルの会・伊良林小学校ホタルの会 会長
・人とトキのかけはしになる 高野毅さん 生椿(はえつばき)の自然を守る会 会長
・民間の力で都立公園の緑を守る 佐藤留美さん NPO法人 NPO birth 事務局長
・花の湿原を守る肝っ玉かあさん 三膳時子さん 認定NPO法人 霧多布湿原トラスト 理事長
・干潟を拠点に人と自然をつなぐ 立山芳輝さん NPO法人 くすの木自然館 理事長
・子どもたちの冒険に寄り添う 佐々木豊志さん NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所 理事長
・北海道にシマフクロウを呼び戻す 菅野正巳さん NPO法人 シマフクロウ・エイド
・ふるさと新城をもう一度桜の名所に 松井章泰さん 「100万本の桜」プロジェクト発起人
・1960年代の武蔵野の自然を取り戻す 佐藤方博さん NPO法人 生態工房
・緑ふたたび──三宅島に苗木と元気を! 宗村秀夫さん NPO法人 「園芸アグリセンター」 理事長
・冬の山中湖を彩るキャンドル 渡辺長敬さん NPO法人 富士山自然学校 代表
・年に10万匹のホタルを育てる 坂井弘司さん 旭川市西神楽ホタルの会 事務局長
・築230年の古民家に生きる 時松和宏さん 大分県九重町 農家民宿「おわて」 主人

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.