bar
文字サイズ
「自然」に魅せられて 僕は「SATOYAMA」の応援団長 柳生 博
テレビの自然番組のキャスターとして
活躍する柳生さん。
内外の自然保護の最前線を歩くかたわら、
手塩にかけた八ヶ岳南麓の雑木林で、
野良仕事に汗を流す。
その原点は、
生まれ故郷の豊かな里山にあった。
豊穣の海に伝わる神業漁法
「鳥たちのために、都会のビルの屋上にも雑木林や田んぼをつくりたい」と夢を描く柳生さん

── 
柳生さんが28年かけて創られた山梨県大泉村の雑木林におじゃましています。こういう風景の中に身をおくと、はじめてなのにとても懐かしい感じがしますね。

柳生 
うでしょう! だから、癒されるんですよ。在るべき場所に戻ってきたような気がしてね。学者によると、その懐かしさは“DNAの作用”なんだそうです。僕は自然教室などで、各地の子どもたちとよく遊ぶんだけど、雑木林も田んぼも知らない現代っ子が、こういうところへ連れてこられると言うんですよ、「懐かしい」って。面白いでしょう。民族としての遺伝子に刻み込まれているとしか考えられない。まさに日本のふるさと、原風景ですよ。この朗らかな木漏れ日も、鳥たちのさえずりも。


[photo]

愛用の鎌。草刈は早朝、草が夜露に濡れて立っているうちに刈るのがコツだとか
── 
ほんとうに鳥の声がにぎやかです。

柳生 
たちはよく覚えていて、僕が野良仕事の格好をして森に入ると、向こうから集まってくる。僕が野鳥の会の会長だからじゃありませんよ(笑)。土を掘ったり、草を刈ったりすると、虫が出てくるでしょう、それが目当てなんです。僕は僕で、そんな鳥たちに励まされながら、荒れ放題だったこの土地を切り開き、1本また1本とひたすら木を植えてきた。すでに1万本を超えますが、森が育つにつれて鳥たちとの共生関係も深まっていきました。最近は鳥の王といわれるイヌワシまで、この上を飛ぶようになったんですよ。
── 
雑木林がよみがえったのを知って来たのでしょうか。

柳生 
物連鎖の頂点に立つ大型の猛禽類は、環境にすごく敏感ですからね。私は、鳥という一番目立つ動物を通して、彼らが棲む自然環境の大切さを伝えていきたい。野鳥の会の会長を引き受けたのもそういう思いからでした。僕にいわせれば、「いい環境」とは、鳥や他の生き物がずっと機嫌よく生きていける場所のこと。それは日本の場合、何といっても里山なんですね。
[photo]

薪割りも山での大切な日課。「得意なんです」というが早いか、一刀両断
[photo]
── 
柳生さんにとって、里山とは?

柳生 
さに原点ですよ。生まれ育ったのが茨城県・霞ヶ浦の近く。こういう雑木林があり、田んぼや小川もあり、集落もあるという里山の4点セットがそろった典型的な農村です。代々地主の家で、里山の維持管理を担う世話人のようなこともしていましたから、幼い頃から祖父や父に野良仕事を仕込まれ、自然の恵みの大切さや生態系のあり方を徹底的に教えられました。人間と多様な生き物が折り合いをつけながら、いい按配で共生する里山のたたずまいは、持続可能な社会の教科書のようなものでしょう。子ども心に、里山に詰まった先人の知恵の豊かさを感じたものです。
── 
近年、その里山の保護保全活動が全国各地で活発に行われています。

柳生 
済の論理より環境や生き物の論理が先にくるなんて、いやあ、すごい時代になってきました。とくに僕がいま応援しているのが、兵庫県豊岡市で今秋行われる、人工飼育のコウノトリを人里に放すという計画です。コウノトリに棲んでもらうために里山を創り、環境に優しい農業への転換を進めている。これは、生き物の身になって、自分たちの暮らし方や生き方まで変えようというすごい挑戦です。一度は絶滅したコウノトリが、実際に豊岡の里山を舞えば、その光景に日本中が励まされるんじゃないでしょうか
── 
最近、海外でも「SATOYAMA」の評価が高まっているようですね。

柳生 
事で欧米人と話すと、みな「日本の里山は奇跡だ。あんなに素晴らしい環境がなぜ残っているのか」と聞いてきます。自然を征服してきた彼らには信じられない景色なのでしょう。むしろ日本人のほうが身近すぎて、里山の尊さに少々無頓着かもしれません。ただ、もう昔には戻れないわけですから、里山をセンチメンタリズムで過度に美化してはいけないと、僕は思うのです。里山の営みって、もっと懐が深い。たとえば本当に必要ならば、こういう森に文明の利器を持ち込んだっていいじゃないですか。車でもユンボでも、プラスチックのベンチでも。超えてはいけない一線だけはきびしく慎みながら、うまく自然と折り合っていく。それが、僕らの受け継ぐべき里山の知恵なんです。


[photo]

雑木林にて。枕木の回廊を巡り、緑を愛でる


Profile

やぎゅう・ひろし 1937年茨城県生まれ。東京商戦大学中退後、俳優座養成所9期生。テレビを中心に俳優行を続けるかたわら、八ヶ岳南麓に移住し、雑木林の整備に打ち込む。2004年に「日本野鳥の会」会長に就任、環境保護に関する講演も多数。


CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・大自然がくれた至福の味 カニ漁師奮戦記 吉浜 崇浩(カニ漁師、株式会社「蟹蔵」代表)
・カラスを追い払うタカ─害鳥対策の現場から 石橋 美里(鷹匠)
・タカの渡りを追う 久野 公啓(写真家、渡り鳥研究家)
・微生物が創り出す極上ワイン 中村 雅量(奥野田葡萄酒醸造株式会社 代表取締役)
・「海藻の森づくり」で海も人も健康に 佐々木 久雄(NPO法人 環境生態工学研究所理事)
・大学をニホンイシガメの繁殖地に 楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部准教授)
・面白くて、おいしい「キッチン火山実験」 林 信太郎(秋田大学教授、秋田大学附属小学校校長)
・世界で唯一、エビとカニの水族館 森 拓也(すさみ町立エビとカニの水族館館長)
・都会の真ん中に“山”をつくる 田瀬 理夫(造園家、プランタゴ代表)
・一粒万倍 美味しい野菜はタネが違う 野口 勲(野口のタネ/野口種苗研究所代表)
・都市の里山に宿る神々 ケビン・ショート(ナチュラリスト、東京情報大学教授)
・ムササビ先生、今夜も大滑空観察中 岡崎 弘幸(中央大学附属中学校・高等学校教諭)
・保津川下り400年─清流を守る船頭の心意気 森田 孝義(船士)
・小笠原の「希少種を襲うノネコ」引っ越し大作 小松 泰史(獣医師)
・チリモンを探せ! 藤田 吉広(きしわだ自然資料館専門員)
・スズメバチハンター走る! 松丸 雅一(養蜂家)
・東京湾のサンゴを見つめて 竹内 聖一(NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団理事長)
・芝とシカのふしぎな関係 片山 一平(京都府立桂高校教諭)
・ドブ池ドブ川奇跡の復活炭博士が行く 小島 昭(群馬工業高等専門学校特命教授)
・「木一本、鰤(ぶり)千本」─豊かな海を育んだ海底湧水の秘密 張 勁(富山大学教授)
・わくわくドキドキ! 夏の夜の生きもの探し 佐々木洋(プロ・ナチュラリスト)
・かわいい変顔 虫目で見つけた! 鈴木海花(フォトエッセイスト)
・癒しの森でいのちを洗う 降矢英成(心療内科医)
・ブナの山が育てた神の魚 杉山秀樹(秋田県立大学客員教授)
・自然と調和する酪農郷 二瓶 昭(酪農家、NPO法人えんの森理事長)
・漁師が見た琵琶湖 戸田直弘(漁師)
・田んぼの恵みはお米だけじゃない 石塚美津夫(NPO法人「食農ネットささかみ」理事長)
・「結」の心を伝えたい 和田利治(屋根葺き技術士)
・多摩川復活の夢 山崎充哲(淡水魚類・魚道研究家)
・モイヤー博士の愛した島 中村宏治(水中カメラマン)
・白神山地が育む奇跡の菌 高橋慶太郎(秋田県総合食品研究センター主席研究員)
・ありがとう、ハチゴロウ 佐竹節夫(コウノトリ湿地ネット代表)
・ヤイロチョウの森の守り人 中村滝男(生態系トラスト協会会長)
・水辺って、こんなに面白い! 井上大輔(福岡県立北九州高等学校教諭)
・地熱染め 色彩の魔術 高橋一行(地熱染色作家)
・里山っ子ばんざい! 宮崎栄樹(木更津社会館保育園園長)
・金沢和傘の伝統を引き継ぐ 間島 円(和傘職人)
・「竹のこころ」を伝えたい ジョン・海山・ネプチューン
・クマのクーちゃん 人工冬眠大作戦! 小宮輝之(上野動物園 園長)
・まつたけ十字軍がゆく 吉村文彦(まつたけ十字軍運動代表)
・氷の匠──冬に育む夏の美味 阿左美哲男(天然氷蔵元)
・日本でただひとりのカエル捕り名人 大内一夫(カエル販売業)
・「村の鍛冶屋」の火を守る 野口廣男(鍛冶職人)
・杉線香づくり100年 駒村道廣(線香職人)
・空師(そらし)──伐って活かす巨木のいのち 熊倉純一
・日本ミツバチに学んだこと 藤原誠太
・満天の星に魅せられて 小千田節男
・ブドウ畑に実る夢 ブルース・ガットラヴ
・タゲリ舞う里を描いて 森上義孝
・ホタル博士、水辺を想う 大場信義
・左官は「風景」を生み出す職人 挟土秀平
・僕は「SATOYAMA」の応援団長 柳生 博
ムツカケ名人に学ぶ──豊穣の海に伝わる神業漁法 岡本忠好
・イチローの バットを作った男 久保田五十一(バットマイスター)

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.