bar
文字サイズ
「自然」に魅せられて
地熱染め 色彩の魔術 高橋一行(地熱染色作家)
岩手県八幡平市にある秘湯・松川温泉。この温泉郷の一角でもうもうと白い水蒸気を吐き出しているのが松川地熱発電所だ。地熱蒸気を利用した「八幡平地熱蒸気染色」の工房・夢蒸染には、八幡平の大自然をモチーフにしたさまざまな色があふれていた。

[photo]
日本発の実用地熱発電所である松川地熱発電所。八幡平周辺の約6万世帯に電気を供給している
── 
染色を専門に勉強したことはないという高橋一行さん。子どもの頃から母親の陽子さんが創始した地熱染めを手伝いながら育ったという。

高橋
「もともとは、アートフラワーをライフワークとしていた私の母が染色に地熱の蒸気を使ってみようと閃いたのが、地熱染めの始まりでした。蒸気は地下1000〜2000mから取り出されたものです。山の中で育った私は幼い頃から工房で仕事を手伝ってきましたので、染色技術は自然に覚えてしまいました。学校の宿題も工房の中でしたものです」

── 
十和田八幡平国立公園の中にあるこの一帯は火山地帯である。地下1kmも掘れば、マグマの熱で温められた200度以上の熱水や蒸気が含まれる地層に当たる。「八幡平地熱蒸気染色」は、火山の恩恵によって育まれてきた染織工芸といえる。地熱染めの特徴は、どんなところにあるのだろう。

高橋 
「地熱染めには『絞り染め』技法を応用しています。折り畳んだ生地を糸で緩く縛り、一度に複数の染料に漬けることよって、中に様々な色を染み込ませます。色が混じり合うと濁った汚い色になりますが、その状態で釜入れして高温の地熱蒸気にさらします。蒸気にさらすのは色を定着させるためですが、普通の蒸気では濁った色のまま定着してしまいます。ところが、ここの地熱蒸気に含まれている微量の硫化水素には脱色効果があるのです。この脱色作用によって、濁っていた色から余分な色が抜け、染料が適度ににじみ出して予想以上の美しい色味を醸し出します」


── 
地熱染めの染色工程(①絞り、②染料調合をして着色、③釜入れ、④仕上げ)は、一人の人間が一貫して携わる。地熱染めで表現できる色は無限にあるという。

高橋 
「地熱蒸気の脱色作用によって抜ける色と抜けない色がありますが、これは染料の種類や素材(シルク、綿、ウール、ジュート〈黄麻〉、化学繊維)によって違います。たとえば、赤、青、黄のうちに黄色が脱色すると、赤と青で鮮やかな紫色が出てきます。私は、30種類ほどの化学染料を中心に使っています。実際に使う色は7〜8種類ですが、ひとつの色に2〜3種類の染料を調合します。化学染料を使って仕上がった色のグラデーションは、たとえば炎や夕焼けのように美しく再現されやすいのです。染料と素材の組み合わせによっても、色味は微妙に異なります。釜の蒸気の温度などによっても仕上がりが違ってきます。陶芸に通じる部分がけっこうありますね。絞り具合、染料の調合、染料の漬け方、染料と素材の相性、地熱蒸気の状態と、その組み合わせを考えると、表現できる色は無限にあります。ですから、地熱染めはマニュアル化することが不可能、とても分業制にはできません。

[photo]
見事な「八幡平カラー」に染め上がったマルチカバー
[photo]
仕上がりの絵柄を予想しながら布にしわを寄せて糸でしばる
[photo]
染料を調合した染液に糸でしばった布を漬ける
[photo]
地熱蒸気が充満した釜に入れる
[photo]
釜から出した布の糸をとき、水洗いしてから乾燥させる

[photo]
落ち着いた秋色に染めたバッグ(左)とペンケース(上)
[photo]
── 
高橋さんにとって、地元・八幡平は創作のインスピレーションを与えてくれる自然の宝庫である。花が好きな高橋さんは、旅行で訪れたチベットの美しい花々に魅せられ、いままでに4回チベットを訪れたという。2年前には、地元で「八幡平・岩手山と青海チベットの花写真展」を開催した。

高橋 
「創作に結びつくアイディアをもたらしてくれる一番大きな源泉は、やっぱり地元の自然です。八幡平で感じる春の息吹、青葉、紅葉、冬の雪景色からいろいろな着想が得られます。色は、作る人間の精神状態や環境にも作用されるものです。疲れているときに染めたものを後で見ると、暗い色調であったりすることがあります。そんなときには、岩手山や八幡平へ登って、花々や緑に触れ、夕陽を眺めたりしながら気分転換することにしています。その直後というのは、思ったとおりの色に仕上がります」



── 
ハンカチ、スカーフ、ショール、マルチカバー、バッグ、巾着、ブックカバー、ワンピース、ネクタイ、ペンケースなど、商品アイテムは多いものの、その生産量は多くない。

高橋 
「絞りから仕上げまでの全工程を一人で担当しますので、大量生産はとてもできません。私は綿の染色を手がけることが多いのですが、たとえばハンカチひとつとっても、一回の釜入れでは50枚が限度です。マルチカバー(いろいろな用途がある大判のクロス)ですと、一日3〜4枚というところでしょうか。地元・八幡平、盛岡を中心に、販路は岩手県内がほとんどです。母はグラデーションによる表現が好きですが、私は柄ものの表現が得意です。これからも、私の得意分野が生かせる新しいデザインを開発していきたいと思います」

[photo]
Profile

たかはし・かずゆき 1973年岩手県生まれ。18歳の頃から地熱染めを本格的に開始。21歳のとき、母・陽子さんとともに「工房 夢蒸染」を設立し、地熱染めの創作活動を続けている。また、国内外の高山植物をはじめとするネイチャーフォト専門の写真家としても活動している。
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・大自然がくれた至福の味 カニ漁師奮戦記 吉浜 崇浩(カニ漁師、株式会社「蟹蔵」代表)
・カラスを追い払うタカ─害鳥対策の現場から 石橋 美里(鷹匠)
・タカの渡りを追う 久野 公啓(写真家、渡り鳥研究家)
・微生物が創り出す極上ワイン 中村 雅量(奥野田葡萄酒醸造株式会社 代表取締役)
・「海藻の森づくり」で海も人も健康に 佐々木 久雄(NPO法人 環境生態工学研究所理事)
・大学をニホンイシガメの繁殖地に 楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部准教授)
・面白くて、おいしい「キッチン火山実験」 林 信太郎(秋田大学教授、秋田大学附属小学校校長)
・世界で唯一、エビとカニの水族館 森 拓也(すさみ町立エビとカニの水族館館長)
・都会の真ん中に“山”をつくる 田瀬 理夫(造園家、プランタゴ代表)
・一粒万倍 美味しい野菜はタネが違う 野口 勲(野口のタネ/野口種苗研究所代表)
・都市の里山に宿る神々 ケビン・ショート(ナチュラリスト、東京情報大学教授)
・ムササビ先生、今夜も大滑空観察中 岡崎 弘幸(中央大学附属中学校・高等学校教諭)
・保津川下り400年─清流を守る船頭の心意気 森田 孝義(船士)
・小笠原の「希少種を襲うノネコ」引っ越し大作 小松 泰史(獣医師)
・チリモンを探せ! 藤田 吉広(きしわだ自然資料館専門員)
・スズメバチハンター走る! 松丸 雅一(養蜂家)
・東京湾のサンゴを見つめて 竹内 聖一(NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団理事長)
・芝とシカのふしぎな関係 片山 一平(京都府立桂高校教諭)
・ドブ池ドブ川奇跡の復活炭博士が行く 小島 昭(群馬工業高等専門学校特命教授)
・「木一本、鰤(ぶり)千本」─豊かな海を育んだ海底湧水の秘密 張 勁(富山大学教授)
・わくわくドキドキ! 夏の夜の生きもの探し 佐々木洋(プロ・ナチュラリスト)
・かわいい変顔 虫目で見つけた! 鈴木海花(フォトエッセイスト)
・癒しの森でいのちを洗う 降矢英成(心療内科医)
・ブナの山が育てた神の魚 杉山秀樹(秋田県立大学客員教授)
・自然と調和する酪農郷 二瓶 昭(酪農家、NPO法人えんの森理事長)
・漁師が見た琵琶湖 戸田直弘(漁師)
・田んぼの恵みはお米だけじゃない 石塚美津夫(NPO法人「食農ネットささかみ」理事長)
・「結」の心を伝えたい 和田利治(屋根葺き技術士)
・多摩川復活の夢 山崎充哲(淡水魚類・魚道研究家)
・モイヤー博士の愛した島 中村宏治(水中カメラマン)
・白神山地が育む奇跡の菌 高橋慶太郎(秋田県総合食品研究センター主席研究員)
・ありがとう、ハチゴロウ 佐竹節夫(コウノトリ湿地ネット代表)
・ヤイロチョウの森の守り人 中村滝男(生態系トラスト協会会長)
・水辺って、こんなに面白い! 井上大輔(福岡県立北九州高等学校教諭)
・地熱染め 色彩の魔術 高橋一行(地熱染色作家)
・里山っ子ばんざい! 宮崎栄樹(木更津社会館保育園園長)
・金沢和傘の伝統を引き継ぐ 間島 円(和傘職人)
・「竹のこころ」を伝えたい ジョン・海山・ネプチューン
・クマのクーちゃん 人工冬眠大作戦! 小宮輝之(上野動物園 園長)
・まつたけ十字軍がゆく 吉村文彦(まつたけ十字軍運動代表)
・氷の匠──冬に育む夏の美味 阿左美哲男(天然氷蔵元)
・日本でただひとりのカエル捕り名人 大内一夫(カエル販売業)
・「村の鍛冶屋」の火を守る 野口廣男(鍛冶職人)
・杉線香づくり100年 駒村道廣(線香職人)
・空師(そらし)──伐って活かす巨木のいのち 熊倉純一
・日本ミツバチに学んだこと 藤原誠太
・満天の星に魅せられて 小千田節男
・ブドウ畑に実る夢 ブルース・ガットラヴ
・タゲリ舞う里を描いて 森上義孝
・ホタル博士、水辺を想う 大場信義
・左官は「風景」を生み出す職人 挟土秀平
・僕は「SATOYAMA」の応援団長 柳生 博
ムツカケ名人に学ぶ──豊穣の海に伝わる神業漁法 岡本忠好
・イチローの バットを作った男 久保田五十一(バットマイスター)

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.