bar
文字サイズ
「自然」に魅せられて
管理棟の望遠鏡でコウノトリをのぞく佐竹さん。
あちこち飛び回って席が温まる暇がない
ありがとう、ハチゴロウ 佐竹節夫(コウノトリ湿地ネット代表)
ある年、豊岡の湿地に住みついて「ハチゴロウ」と呼ばれるようになった1羽の野生コウノトリ。
豊岡のコウノトリ復活の仕掛け人は、いま、ハチゴロウが愛したこの湿地を拠点に、生きものたちの楽園をつくるべく奔走している。

── 
コウノトリの郷公園から日本海に向かって約12km、円山川のすぐそばになみなみと水をたたえる湿地がある。「ハチゴロウの戸島湿地」──2002年に豊岡に飛来した1羽の野生コウノトリの名だ。その名は、現れた日が8月5日だったことにちなむ。

佐竹
「ハチゴロウを最初に見たときは、それは感動しましたよ。ホバリング(空中静止)を見て、なんて優雅なんや! と。コウノトリが空を舞うのを見るのは、子どもの頃以来だったからね」

── 
05年の放鳥から遡ること3年。豊岡ではコウノトリの人工飼育が進み、「次は自然に帰そう」というスローガンこそ人々に浸透したが、空飛ぶコウノトリの姿を見ることは久しくなかった。

佐竹 
「僕らが役所で、コウノトリと共生するという理屈を100ぺん話すより、一度でも飛んでいる姿を見るほうが、よっぽど説得力がある。何人もの人たちからそういわれました。それぐらいハチゴロウが大空を舞う姿はインパクトが強かった。近くの小学校では、ハチゴロウが教室のそばを飛ぶだけで校内放送するんですよ(笑)。ハチゴロウがこの地に留まってくれたことで、放鳥に向けて自信がつきました」

── 
佐竹さんは90年から豊岡市役所でコウノトリ復活の運動を主導してきた、いわば陰の仕掛け人だ。しかし定年まで2年を残して08年に退職した。なぜ旗振り役である市役所を辞めて、湿地ネットの活動を始めたのか。

佐竹 
「豊岡ではずっと“コウノトリ〈も〉住める街づくり”といってきました。行政も農業も教育も、あるいは川や山も、それぞれの領域で頑張っている。でも、農家が頑張ったら、あるいは川が頑張ったらコウノトリは住めるのかというと、それだけでは難しい。だから“コウノトリ〈が〉生きられる”環境とは何かを真剣に考える人間が必要なんじゃないか。一度壊れたものを蘇らせるには、そのくらいのめり込まないと、と思ったんです」

[photo]
ありし日のハチゴロウ。
郷公園の放鳥コウノトリたちとは一線を画していた。
撮影:花谷英一

[photo]
戸島湿地に隣接する管理棟では、望遠鏡を使ってコウノトリを観察できる。
[photo]
湿地の散策道にはあずまやが設けられ、写真撮影や休憩に利用可能。


[photo]
汽水域もある戸島湿地。「水門操作が本当に難しい」と佐竹さん
── 
戸島湿地は、04年の大型台風で田んぼが冠水してできたものだ。本来なら圃場整備を進め、乾田化がおこなわれるところだった。しかし、ハチゴロウが好きだったこの湿地を残すべきという声が市民から上がり、湿地のまま整備されることになった。以来、佐竹さんはここの管理をしながら、各地にコウノトリの餌場を増やす取り組みをしている。

佐竹 
「僕らは“基地”と呼んでいますが、コウノトリの餌場を増やすのをとくに意識して活動しています。たとえば、この湿地の近くに田結地区という53世帯の集落があるんですが、05年を最後にすべての水田が放棄田になったんです。ここをコウノトリが気に入って、よく餌を食べに訪れていた。そこで、ここも基地となるようビオトープをつくることにしたんです」


── 
田んぼを放棄して先祖に申し訳ないと思っていた地区の人たちが、コウノトリが来たことで元気になった。

佐竹 
「地区の人が総出でビオトープをつくるんですが、土地所有の境界線を無視して杭を打ったりしても、誰も文句をいいません。いまや共同の地域資源なんです。コウノトリの保護を介して共同体の再構築ができるのかというところが学術的にも注目されて、いまではケンブリッジ大学から社会学の学生も来るようになりました。豊岡市は、さまざまな研究者たちが訪れる自然再生の『知の一大集積地』でありたい。湿地ネットがその一翼を担う存在になればと思います」

── 
残念ながらハチゴロウは07年に原因不明の死を遂げた。だが、その後は放鳥カップルが戸島湿地で子育てをしている。

佐竹 
「“君らはコウノトリのことしか考えない”と、よくいわれます。でも、コウノトリのことを考えるということは、カラスやツバメやヘビやカエルが生きられる環境を考えることと同じです。そのためには、人間を動かさなあかん。“大変でしょう”といわれることもありますが、これが楽しくて。男のロマンを掻き立てるテーマだと思います」

Profile

さたけ・せつお 1949年豊岡市生まれ。近畿大学卒業後、1972年に豊岡市役所に入庁。90年からコウノトリ保護増殖事業の担当となり、市コウノトリ共生課長、コウノトリ文化館長を歴任、コウノトリの郷公園設置、コウノトリ野生復帰計画・コウノトリと共生するまちづくりに携わる。2008年に市役所を退職し、現職。著書に『おかえりコウノトリ』、共著に『コウノトリの贈り物』がある。

[photo]
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・ふるさとの空に赤トンボを呼び戻す 前田 清悟(NPO法人たつの・赤トンボを増やそう会理事長)
・大自然がくれた至福の味 カニ漁師奮戦記 吉浜 崇浩(カニ漁師、株式会社「蟹蔵」代表)
・カラスを追い払うタカ─害鳥対策の現場から 石橋 美里(鷹匠)
・タカの渡りを追う 久野 公啓(写真家、渡り鳥研究家)
・微生物が創り出す極上ワイン 中村 雅量(奥野田葡萄酒醸造株式会社 代表取締役)
・「海藻の森づくり」で海も人も健康に 佐々木 久雄(NPO法人 環境生態工学研究所理事)
・大学をニホンイシガメの繁殖地に 楠田 哲士(岐阜大学応用生物科学部准教授)
・面白くて、おいしい「キッチン火山実験」 林 信太郎(秋田大学教授、秋田大学附属小学校校長)
・世界で唯一、エビとカニの水族館 森 拓也(すさみ町立エビとカニの水族館館長)
・都会の真ん中に“山”をつくる 田瀬 理夫(造園家、プランタゴ代表)
・一粒万倍 美味しい野菜はタネが違う 野口 勲(野口のタネ/野口種苗研究所代表)
・都市の里山に宿る神々 ケビン・ショート(ナチュラリスト、東京情報大学教授)
・ムササビ先生、今夜も大滑空観察中 岡崎 弘幸(中央大学附属中学校・高等学校教諭)
・保津川下り400年─清流を守る船頭の心意気 森田 孝義(船士)
・小笠原の「希少種を襲うノネコ」引っ越し大作 小松 泰史(獣医師)
・チリモンを探せ! 藤田 吉広(きしわだ自然資料館専門員)
・スズメバチハンター走る! 松丸 雅一(養蜂家)
・東京湾のサンゴを見つめて 竹内 聖一(NPO法人 たてやま・海辺の鑑定団理事長)
・芝とシカのふしぎな関係 片山 一平(京都府立桂高校教諭)
・ドブ池ドブ川奇跡の復活炭博士が行く 小島 昭(群馬工業高等専門学校特命教授)
・「木一本、鰤(ぶり)千本」─豊かな海を育んだ海底湧水の秘密 張 勁(富山大学教授)
・わくわくドキドキ! 夏の夜の生きもの探し 佐々木洋(プロ・ナチュラリスト)
・かわいい変顔 虫目で見つけた! 鈴木海花(フォトエッセイスト)
・癒しの森でいのちを洗う 降矢英成(心療内科医)
・ブナの山が育てた神の魚 杉山秀樹(秋田県立大学客員教授)
・自然と調和する酪農郷 二瓶 昭(酪農家、NPO法人えんの森理事長)
・漁師が見た琵琶湖 戸田直弘(漁師)
・田んぼの恵みはお米だけじゃない 石塚美津夫(NPO法人「食農ネットささかみ」理事長)
・「結」の心を伝えたい 和田利治(屋根葺き技術士)
・多摩川復活の夢 山崎充哲(淡水魚類・魚道研究家)
・モイヤー博士の愛した島 中村宏治(水中カメラマン)
・白神山地が育む奇跡の菌 高橋慶太郎(秋田県総合食品研究センター主席研究員)
・ありがとう、ハチゴロウ 佐竹節夫(コウノトリ湿地ネット代表)
・ヤイロチョウの森の守り人 中村滝男(生態系トラスト協会会長)
・水辺って、こんなに面白い! 井上大輔(福岡県立北九州高等学校教諭)
・地熱染め 色彩の魔術 高橋一行(地熱染色作家)
・里山っ子ばんざい! 宮崎栄樹(木更津社会館保育園園長)
・金沢和傘の伝統を引き継ぐ 間島 円(和傘職人)
・「竹のこころ」を伝えたい ジョン・海山・ネプチューン
・クマのクーちゃん 人工冬眠大作戦! 小宮輝之(上野動物園 園長)
・まつたけ十字軍がゆく 吉村文彦(まつたけ十字軍運動代表)
・氷の匠──冬に育む夏の美味 阿左美哲男(天然氷蔵元)
・日本でただひとりのカエル捕り名人 大内一夫(カエル販売業)
・「村の鍛冶屋」の火を守る 野口廣男(鍛冶職人)
・杉線香づくり100年 駒村道廣(線香職人)
・空師(そらし)──伐って活かす巨木のいのち 熊倉純一
・日本ミツバチに学んだこと 藤原誠太
・満天の星に魅せられて 小千田節男
・ブドウ畑に実る夢 ブルース・ガットラヴ
・タゲリ舞う里を描いて 森上義孝
・ホタル博士、水辺を想う 大場信義
・左官は「風景」を生み出す職人 挟土秀平
・僕は「SATOYAMA」の応援団長 柳生 博
ムツカケ名人に学ぶ──豊穣の海に伝わる神業漁法 岡本忠好
・イチローの バットを作った男 久保田五十一(バットマイスター)

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.