セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


「えりも岬セブンの森」づくり
 今から60年前のえりも岬は、明治時代の開拓による家畜の放牧と燃料や建材のための伐採により森林が失われて砂漠化し、「えりも砂漠」と呼ばれる草も生えない荒廃した土地でした。強風で吹き飛ばされた赤土は沖合10kmにまで達し、海は黄色く濁り、海藻類は根腐れを起こし、回遊魚も沿岸魚も減り、家や飲料水にまで入り込んで住民生活にも支障をきたす状態でした。

 1953年(昭和28年)、日高南部森林管理署(旧浦河営林署)にえりも治山事業所を開設し、「はげ山復旧事業」として海岸林の造成が始まりました。最初に砂漠化した大地に草をはやす草本緑化を行い、次に樹木を植える木本緑化を行います。職員と岬の住民の事業参加により進められた緑化事業は、強風との戦いで困難を極めました。試行錯誤の末生みだされた技法が、蒔いた種と肥料の上に雑海藻を敷き詰めて風でとばされないようにする「えりも式緑化工法」でした。草が生えた後は、クロマツを主体に植栽し、植樹した場所は苗木を守るために防風柵で囲む方法がとられました。
 えりも岬緑化事業は、2013年、今年60周年を迎えました。2006年(平成18年)9月には、天皇皇后両陛下がえりもの緑化事業地を視察されました。

 えりも岬の森林を再生し、森林環境の維持・保全を図るため、2013年(平成25年)6月8日に「えりも岬の緑を守る会(会長 平野正男)」と「日高南部森林管理署(署長 野藤昌弘)」は、「「ふれあいの森」における森林整備等の活動に関する協定」を、「えりも岬の緑を守る会」と「一般財団法人セブン-イレブン記念財団(理事長 山本憲司)」は、「「えりもイキイキの森」における活動支援のための基本協定」を結びました。
 これら2つの協定により、日高南部森林管理署は、活動場所の提供と技術指導を行い、えりも岬の緑を守る会と共にかつてのえりもの森林を再生していき、セブン-イレブン記念財団はこれらの活動を支援します。

2017年5月22日(月)第5回「えりも岬セブンの森」づくりの植樹活動を実施
えりも町役場、森林組合、地元小学校や自衛隊、婦人会、漁協関係者など町ぐるみで参加
 昭和20年代後半、「えりも砂漠」といわれた、赤土の舞う植物不毛の荒廃地だったえりも岬。 関係者の地道な努力によって緑豊かな森林が蘇りつつあり、2013年(平成25年)の緑化事業60周年から財団も北海道えりも町の町有林内で活動支援をしています。
 2017年5月22日は、 大漁旗に迎えられ、えりも岬の緑を守る会、えりも町小学生や関係者約160名と一緒にセブン-イレブン加盟店3店から7名、本部社員5名の12名、総勢170名で0.3haにケヤマハンノキ、トドマツ合わせて600本を植樹しました。
 活動に先立ち、北海道森林管理局長からえりも砂漠から緑が帰るまでの説明がされ、町長、えりも漁協組合長からも記念財団へ、植樹活動の支援に対し感謝の言葉をいただきました。
えりも町長
えりも岬の緑を守る会会長
北海道森林管理局長
急な斜面地に植樹の穴を掘る
全員で記念植樹
町長より感謝の言葉
【参加者の感想】
  • 5年連続参加してます。この植樹活動に賛同し、毎年楽しみにしています。
  • 風が強かったが植樹日和でした。来年も参加します。
●えりも岬セブンの森
実施日 活動
内容
植樹
本数
面積 参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2013年69 植樹 300 0.2ha 51 500
第2回 2014年616 植樹 250 0.2ha 18 85
第3回 2015年63 植樹 200 0.1ha 10 220
第4回 2016年69 植樹 200 0.1ha 10 200
第5回 2017年522 植樹 600 0.3ha 12 170
合 計 1,550 0.9ha 101 1,175
※「えりもセブンの森」の面積は、毎年植樹した面積を積算します。


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.