セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


福井セブンの森

福井県と福井市、セブン-イレブン記念財団の三者間で2017年11月1日に協定を結び、今後は福井市小羽町の市有地「(仮称)自然公園 おばやまの森」で18カ所目の「セブンの森」となる「福井セブンの森」づくりを行います。

この地は清水町役場の時から公園整備が計画されていた所で、「(仮称)自然公園 おばやまの森」は、自然と歴史に気軽にふれあえる森林公園です。園内は「冒険の広場」と「野鳥の森と昆虫の森」の2つのエリアに分かれ、展望台も設置されています。

また、弥生時代の土器が出土している点や通称「後山(うしろやま)」(お城山)に前方後円墳が造られていることなどから、かなり権威をもった首長一族が住んでいたと考えられ、小羽(小羽町)には早くから人が住みついていた事がわかるそうです。なお、古墳群の中の小羽山30墓は、北陸地方では珍しい「四隅突出型墳丘墓」であり、その形状が分かるように整備されています。

「福井セブンの森」は、「(仮称)自然公園 おばやまの森」の「野鳥の森と昆虫の森」エリアにあり、地域の方と一緒に気軽にふれあえる森づくりを行っていく予定です。

2017年11月1日(水)「福井セブンの森」整備・保全協定の締結式と植樹を行いました
調印式
11月1日、「福井セブンの森」整備・保全協定の締結式が福井市未来づくり推進局清水総合支所で行われ、福井県農林水産部の酒井智吉部長から福井市農林水産部前田和宏部長とセブン-イレブン記念財団理事の水口俊春に「福井セブンの森」整備・保全協定書が手渡されました。立会人を(株)セブン‐イレブン・ジャパン新潟・北陸ゾーンマネジャーの竹之内信也が務めました。協定期間は10年、約2.6haの森林整備を行っていきます。
左より:竹之内信也、前田和宏、水口俊春、酒井智吉 (敬称略)
来年開催される福井国体・障スポのマスコット「はぴりゅう」と福井市のゆるきゃら「ゆめまる」も参加 (写真提供/福井県)
植樹には地元の「しみずこども園」園児ら37名(園児33名と保育士4名)、福井県 15名、福井市 10名、丹生郡森林組合・地元自治会関係者 7名、セブン‐イレブン加盟店13名、本部社員14名、合計96名が参加し、(仮称)自然公園 おばやまの森に広葉樹298本(ヤマザクラ、ムラサキシキブモミジ、トチノキ、イイギリ、ホウノキ)を環境と景観の調和に寄与することを願い植樹しました。
かわいい園児たちも頑張りました
森林組合の方が植樹方法を説明(写真提供/福井県)
園児もシャベルで植樹
天候に恵まれいい汗をかきました(写真提供/福井県)
園児と一緒に植樹(写真提供/福井県)
●福井セブンの森
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2017年111 植樹 298 27 96


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.