セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


2015年10月24(土)第2回「三重セブンの森」を実施
2017年3月11日(土)、三重県津市美里町「美里水源の森」の「三重セブンの森」で、セブン‐イレブン加盟店18店から23名、本部社員49名、セブン-イレブン関係者合計72名、三重県2名、津市3名、NPO法人もりずむ他6名、総勢83名が参加し、これまでに植樹したエリアのモニタリングと、間伐材を使ったベンチ作りを実施しました。
これまでに間伐した木材を活用
完成したベンチ
  • 「セブンの森」を通じ、地域の方々と共に水源の森を守る活動が出来ることは重要な取組みだと思います。
  • 子どもたちの学びの拠点となるように今後も継続し参加させて頂きます。
  • ベンチ作りをはじめて行いましたが、立派なものが出来て良かったです。楽しい1日が過ごせました。
間伐材から適当な材料を選ぶ
間伐材をノコギリで切る
鎌で木の皮をむく
図面に合わせて切る
木を組む
ベンチが完成
●三重セブンの森 (面積面積2.0ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2014年1018 植樹 500本 94 113
第2回 2015年1024 下刈り 77 88
第3回 2017年311 モニタリングと間伐材のベンチづくり 72 83
合 計 500本 243 284
※2016年度は雨天のため活動を中止しました。
2014年10月16日(木)三重県の「森づくり宣言書」調印式を行いました
セブン-イレブン記念財団は、三重県が進める「企業の森」事業に参加し、津市美里町南長野の「美里水源の森」で、1.16haの「三重セブンの森」づくりを行います。
2014年10月16日(木)三重県庁にて、三重県・鈴木英敬知事、津市・前葉泰幸市長、セブン-イレブン記念財団・都築寿雄理事(セブン-イレブン安城百石町店オーナー)の三者が、2014年~2020年までの5年間の「森づくり宣言書」に調印しました。
[Photo]
森づくり宣言書署名後
左から 鈴木知事、都築理事、前葉市長
[Photo]
「森づくり宣言書」に署名
[Photo]
三者を代表し都築理事が宣言書を読上げ
<鈴木知事 挨拶要旨>
東海地区で最初の「セブンの森」に三重を選んでいただき光栄であり、感謝しています。
持続可能な森林を守るために協力してほしい。

<前葉市長 挨拶要旨>
美里水源の森は水源涵養の森として、津市民の水を守っていくことにつながり、市民にとってプラスになります。

<都築理事 お礼要旨>
セブン-イレブン加盟店、本部が一丸となって地域に根ざした活動に取り組み、地域の発展に貢献してまいります。
2014年10月18日(土)第1回「三重セブンの森」を実施
快晴に恵まれいい汗をかきました
 2014年10月18日(土)、三重県津市美里町南長野の「美里水源の森」において、「三重セブンの森」の初めての活動として、セブン-イレブン加盟店と本部社員94名に、三重県2名、津市8名、NPO法人もりずむ5名、長野川環境保全協議会他4名が加わり、総合計113名で500本の植樹を行いました。
 今回の樹種は、津市とコナラ、アラカシ、エゴノキ、ツブラジイ、ムクノキ、ケヤキ、カツラ、クロガネモチを選びました。 
 「三重セブンの森」は、東海地域ではじめての森づくりとなります。
【参加者の感想】
  • 地元で初めての活動ですので、自店からは4人で参加しました。従業員さんも頑張ってくれていい経験ができました。
  • すがすがしい汗をかくことができました。一緒に参加した者も「楽しかった」と喜んでおり、継続して参加していきます。
[Photo]
家族で参加
[Photo]
土が固い所もしっかり掘る
[Photo]
鹿害除けネット式ガード設置
[Photo]
テストで筒型の鹿害除けも設置
[Photo]
看板の設置
[Photo]
支柱を設置


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.