セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


大阪セブンの森
歌垣山をこんな山にしたい
 大阪府豊能郡能勢町(のせちょう)との5年間の協定に基づき、大阪で初めての森林保全プロジェクト「大阪セブンの森」づくりがスタートしました。能勢町は、新大阪駅から北へ約43km、大阪府の最北端に位置し、京都府と兵庫県に囲まれた山林と田畑が広がる自然豊かな里山の町です。
 標高553mの「歌垣山」の山頂一帯は、大阪府内でも屈指のアマカツの美林が広がっていましたが、現在はマツ枯れの被害により荒廃しています。ここにヤマザクラやエドヒガンを主体に植栽し、現存するコナラ、クリ、ホオノキ、リョウブなど落葉広葉樹なども活かしつつ、豊な共生の森づくりに取り組みます。
2017年4月17日(土)第9回「大阪セブンの森」下刈りを実施
 大阪市豊能郡能勢町歌垣山の「大阪セブンの森」は、2015年に活動をはじめ、これまでにヤマザクラを中心に広葉樹を500本植樹し、下刈りなどの森林整備を行ってきました。2017年、5年目を迎えた森は、植樹した苗木も順調に成長し、非常に美しい森林となってきています。
 当日は雨が心配されましたが、なんとか天気がもち、セブン‐イレブン加盟店28店から40名、本部社員76名、計116名と、日本森林ボランティア協会10名、総合計126名で下刈りを行いました。
【参加者の感想】
  • 森づくりは手間がかかりますが、そのことが環境を守ることにも、商売にも必要なのだと感じています。今後もこの活動を継続していきたいと思います。
  • セブンの森の活動から学ぶことは多々あると思います。本部とお店が一緒になって汗を流すだけでも素晴らしいです。
  • この活動は大阪府との連携事業であり、自治体や加盟店様と本部で協力しあって今後も取り組んでいきます。
家族連れで森づくり体験
慣れた手つきで下刈り
急斜面の作業も笑顔でOK
●大阪セブンの森 (面積3.7ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2013年330 植樹 300本 128 173
第2回 2013年127 下刈り 100本 138 159
第3回 2014年412 補植と下刈り 50本 150 175
第4回 2014年1011 下刈りと間伐 104 128
第5回 2015年321 下刈り・間伐・補植 20本 115 133
第6回 2015年1010 下刈りと間伐 124 142
第7回 2016年312 下刈・雑木の伐採 132 151
第9回 2017年415 下刈・雑木の伐採 116 126
合 計 470本 1,007 1,187

↑

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.