セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


2018年2月8日(木) 第14回「高尾セブンの森」づくりを実施しました
[photo]
活動を終えての記念撮影

2月8日(木)高尾の森自然学校において、セブン-イレブン加盟店17店から20名、地域のボランティア1名を含め、総勢21名による第14回「高尾セブンの森」づくりを実施しました。

最初に活動の目標を決め、まだ雪の残るうっそうとした林内の斜面をのぼり、ノコギリや剪定ばさみを片手にアオキなどの低木を伐採し、ササなどの下刈りを行いました。

何度も活動に参加したことのある皆さんの手際のいい作業により、暗かった林内は、あっという間に見違えるような明るい森へと生まれ変わりました。

活動後は、2018年初めての活動と新春を祝い、姉妹校である九重ふるさと自然学校で採れたもち米を使った餅つき大会を行いました。つきたてのお餅は、お汁粉や自然学校で育てた長蕪のからみ餅にしました。長蕪(ながかぶ)は品川蕪ともいわれる江戸東京野菜で、大根のような細長い形をした蕪です。お餅の他にもピザ釜で焼いた差し入れのベニアズマの焼き芋と、畑でとれた白菜と小松菜の中華スープを、みんなでおいしく食べながら、楽しいひと時を過ごしました。

密集した笹の下刈り

女性も大きな木の伐採に挑戦

伐倒した樹木を皆さんで連携し最後に整理

活動後の餅つき大会
整備前
整備後
●高尾セブンの森 (26.5ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2014年823 下刈り 16 16
第2回 2015年618 下刈り・間伐 21 21
第3回 2015年1010 下刈り・サクラ植樹 15本 58 58
第4回 2016年24 下刈り・間伐 17 17
第5回 2016年526 下刈り・間伐 15 15
第6回 2016年728 下刈り・間伐 26 26
第7回 2016年1110 下刈り・間伐 36 36
第8回 2017年223 下刈り・間伐 23 23
第9回 2017年518 下刈り・間伐 20 22
第10回 2017年613 下刈り・間伐 44 48
第11回 2017年727 下刈り・間伐 40 44
第12回 2017年117 下刈り・間伐 69 72
第13回 2017年122 下刈り・間伐 78 82
第14回 2018年28 下刈り・間伐 20 21
合 計 15本 483 506


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.