セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

東京湾UMIプロジェクト(東京湾・海をみんなで愛するプロジェクト)
セブン-イレブン記念財団は、水質浄化やCO2削減に役立つアマモを増やして、東京湾を豊かな海に再生する活動に2011年度から取り組んでいます。
つぶつぶがアマモの種
アマモは、海中の栄養を吸収し、酸素を放出しすることで海水を浄化する海草です。小魚などの隠れ場・生育場、魚の産卵場、アサリやハゼなどの小生物のエサにもなる豊かな海の源で「海のゆりかご」ともいわれています。アマモやヨシなどの藻場や、干潟、マングローブ、プランクトンなどの海洋生物も、森林などの陸上生物と同様に二酸化炭素(CO2)を吸収しています。これを「ブルーカーボン」と呼び、地球上の生物が固定化する全炭素量の55%を占めており、温室効果ガス削減の切り札とも言われています。
2013年9月30日からは、東京湾の環境改善に取り組む国土交通省港湾局の「東京湾UMIプロジェクト」に協力し、横浜港においてアマモ場の再生活動に取り組んでいます。
アマモが、海をきれいにしてくれて、CO2削減に役立つことを期待して活動しています。
2016年5月28日(土)『海の森つくり』第8回「東京湾UMIプロジェクト」―アマモの花枝の採集を実施!

2017年5月27日(土)、神奈川県「横浜海の公園」にてセブン-イレブン加盟店21店から29名、本部社員72名、計101名、セブン&アイグループ会社関係32名、合計130名に、海辺つくり研究会と国交省から7名も参加し、総勢143名で活動しました。今回は、海にはいってアマモの花枝を採集した他、地引網を行い海洋生物の観察を行いました。

採集した花枝は、漁協に持っていきプールのようなところに吊るし、種が落ちるのを待ちます。アマモを植える方法は、種から苗をつくって再び海に植える方法と、種を泥団子にして海底にまく二つがあります。苗や種を海底に植えていくことで、アマモが増え生き物豊かな東京湾の再生につながります。

【参加者の感想】
  • 今後も皆さんと共に、この活動を継続し東京湾再生に貢献したいと思います。
  • 初めて参加しました。非常に楽しかったです。毎回、参加したいです。
  • 子どもと一緒に毎回参加しています。地引網の経験は初めてでしたが非常に楽しかったです。
[Photo]
活動前に活動の経緯や趣旨の説明をききました
[Photo]
アマモの種子を採るために花枝を採取
[Photo]
これがアマモ?家族連れも多く参加
[Photo]
2000本の花枝を皆で集めました
[Photo]
真剣に海中のアマモをさがします
[Photo]
海洋生物について専門家の方から説明


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.