セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校(仮称)
東京湾再生官民連携フォーラム
アマモサミット
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

全国アマモサミットと「自然再生・高校生サミット」
全国アマモサミットとは、「アマモ」や「アマモ場」を象徴的なキーワードとして、海の自然再生・保全を目指している全国的な大会です。2008年の横浜大会以来、全国各地の沿岸域が抱える環境問題をテーマに、毎年地域の事例発表や意見交換の場として、全国各地で開催されています。
セブン-イレブン記念財団は、海の環境改善などをテーマにした「全国アマモサミット」と、その中で、全国の高校生たちがアマモを中心とした海に関する研究発表をする「海辺の自然再生・高校生サミット」の開催を支援しています。
2019年11月9日(土)~10日(日)第12回「全国アマモサミット2019 inみやぎ~豊かな松島湾を次代へつなぐ~」を開催

2013年「とりもどせ、みやぎのうみ」をテーマに全国アマモサミッが開催されてから8年、全国の多島海域及び浅海域環境を次代へとつなぐことを目的として、再び「全国アマモサミット2019 in みやぎ~豊かな松島湾を次代へつなぐ~」が塩竈市魚市場の中央棟を会場に開催されました。同時に海辺の自然再生・高校生サミットが開かれ、全国13校の高校生がアマモを中心とした海に関する研究発表をステージで行い、意見交換もしました。

高校生による研究発表
大会旗が次の開催地・博多へ引き継がれる



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.