セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

九重の生物図鑑

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
植物昆虫鳥魚・水棲生物哺乳類爬虫類・両生類伝統野菜山菜
タカハヤ(コイ科)

通称“アブラメ”。アブラメといわれる淡水魚は日本の多くの地域にいるが、西日本に生息しているものはタカハヤ、東日本に生息しているものはアブラハヤである。タカハヤの方が尾のつけねが太い。様々な環境で見られ、小さな水路や水たまりのような場所にも生息する。小さいものは天ぷらや煮つけにするとおいしい。

カワムツ(コイ科)

体長10〜20cmほど。川の上流域にすみ、九重の川でもよくみられる。雑食性。オイカワに似ているが、体の黒いすじで見分けられる。繁殖期になるとオスの腹部が赤色に染まり、顔には追星(おいぼし)と呼ばれるイボのようなものが出る。

ドジョウ(ドジョウ科)

ドジョウのなかまのうち、九重でよく見られる。田んぼや水路などに生息し、田んぼでも産卵することがある。ドジョウは「土生」と書くともいわれ、泥の中を好む。かなり乾いた田の土の中でも越冬することができる。環境の変化に強い魚ではあるが、田んぼと水路の行き来ができなくなったり、水路に土や泥がなくなったりすると生息できなくなる。柳川鍋などで食される。

ヤマメ(サケ科)

通称“エノハ”。きれいで冷たい水を好み、体側にはパーマークと呼ばれる楕円形の斑紋が並ぶ。現在では放流などにより他地域のヤマメが放流されており、純粋な九重の地域個体群の消滅が心配されている。

ドンコ(ドンコ科)

体長15cmほど。九重の川で生きものしらべをすると、しばしば捕獲できる。石の下などに身をかくし、周囲の環境となじむような保護色をしている。夜行性が強いが、昼間も活動する。肉食性で、他の魚を丸飲みにすることもある。

サワガニ(サワガニ科)

きれいな小川などで見られる淡水域にすむカニ。きれいで冷たい水を好み、土と石の多い環境を好むため、U字溝などの水路では生息できない。そのため、人知れず数が減っている。食べるとおいしい。寄生虫がいることがあるのでよく火を通す。

イトミミズの仲間(イトミミズ科)

田んぼの縁の下の力持ち。泥の中にすみ、泥の中の有機物や微生物を食べ、フンをすることで、田んぼに栄養をもたらす。同時に、自身も多くの生きものたちのエサとなり、田んぼの生態系を支える。

ユスリカの仲間(幼虫)(ユスリカ科)

田んぼの泥の中にすみ、イトミミズと同様の役割を持っている。成虫は血を吸う「カ」に似るが、血を吸ったり刺したりはしない。大量に発生して蚊柱を作るので、迷惑した人も多いはずだが、ツバメやコウモリなどにとってはうれしいご馳走となる。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.