セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

ボランティア活動・九重自然教室散策路整備


2015年10月3日(土)

水が湧き出ているポイント
 九重ふるさと自然学校では、自然体験フィールド・九重自然教室(さとばる)をより魅力的なものにするため、さまざまな整備を進めています。今回はボランティアの皆さんに協力していただき、さとばるの池に流れ込む水が湧き出ているポイントを観察できるよう、散策路と観察場の整備を実施しました。
 このポイントはこれまで藪に阻まれ、容易に近づくことすらできませんでしたが、今回の整備により、歩きやすい散策路と水面に立っているかのように感じられる観察場ができました。木漏れ日を浴びながら観察場にたたずむと、なんとも心地よく感じます。
枝打ち等を行って、藪を切り開きます
斜面を歩きやすいように整地
水辺にアプローチできる階段づくり
水面目線に立てる観察場づくり
完成した階段と観察場
 九重自然教室(さとばる)には、まだまだ整備すべき箇所があります。魅力的なフィールドづくりに興味のある方は、是非ご協力ください。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.