セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

野生動物を探しにいこう


2016年7月30日(土)、31日(日)
あ!けもの道!
テンの糞はどんな形?
 普段なかなか目にしない野生動物。そんな野生動物を身近に感じてもらう1泊2日のプログラムです。今回会場となった、大分県立九重青少年の家の敷地は広く、広大な草原や小川、谷沿いにある林など、多様な環境が揃っています。毎年恒例の“野ネズミの捕獲”を行う前に、まずどんなところに野ネズミが潜んでいそうか確認しながら、動物の痕跡探し“けもの道散策”に出かけます。急斜面の草原の上り下りでしたが、頂上でテンの糞を見つけ、テンが見晴らしの良い場所で糞をする特徴を学ぶことができました。
何かいるかな?
 その後は、当プログラムの目玉“野ネズミの捕獲”をグループ活動で行います。すでに野ネズミがどこに居そうか予想をしていたためか、子どもたちは一斉に思い思いの場所に向かって草原を駆け巡り、ワナを仕掛けました。
 日が暮れはじめた頃から、“夜のお楽しみ ナイトツアー”を実施。涌蓋山に沈む美しい夕日を見ながら、草原を散策します。残念ながら動物の姿を見ることはできませんでしたが、夜に活動する鳥“ヨタカ”の鳴き声が暗闇に覆われていく草原に響き渡っていました。
 翌日31日は、野ネズミのトラップ回収です。9個設置していたトラップに果たして何頭の野ネズミが掛かっているのかワクワクしながら確認です。4頭のアカネズミを捕獲することができ、足の指やしっぽ、顔など普段間近で見ることのない野ネズミをじっくりと観察することができました。
間近で見るの初めて!
ネズミのかたちは・・・
 今回の活動では、すべてのグループが野ネズミを捕獲することができ、初めて間近で見る野ネズミに皆さん大盛り上がりでした。また、“夜のお楽しみ ナイトツアー”も人気が高く、美しい夕日や夜を迎える草原を歩いたことが皆さんの印象に深く残ったようでした。これからも、参加された皆さんがさらに野生動物の世界に引き込まれるような活動を行っていきたいと思います。
※本プログラムは、衛生面について細心の注意を払い、野生動物の捕獲については、大分県の許可を得て実施しております。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.