セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

自然で遊ぼう!おやとこ〜野山あるきの巻〜春の草原ハイキング


2017年5月3日(水・祝)
野焼きって知ってる?草原のお話
 おやとこは、幼児と小学生を対象に親子、家族で自然を楽しむ全5回のプログラム。第1回は、新緑萌える九重の春を楽しもうと草原ハイキングを実施しました。今年は野焼きが4月下旬に行なわれたため、ハイキングコースのおにぎり山はまだ真っ黒!見られる生きものは少なかったですが、春を代表する草花のキスミレやハルリンドウを探したり、山菜のワラビを摘み取ったりしながら山頂を目指しました。
山頂めざして出発。ワラビないかなぁ
黒い大地に際立つキスミレ
 山頂付近に来ると一変し、青々とした広大な草原が広がっています。ここは牛のエサを得るために草を刈る採草地で、火は入れません。九重の草原は野焼きや採草によって維持されています。
 走ったり、花を見たり、寝転んだり、鳥のさえずりを聴いたり…。ここでは遊び道具は必要なし!自然と自分の体だけで楽しむことができ、不思議と家族や当日出会った参加者との距離も近くなります。お昼ごはんも青空の下で楽しみ、ワラビやコゴミの山菜料理にも舌鼓。心の洗濯とも言えるひとときになりました。
草原では鬼ごっこ開始!広すぎて鬼が大変
疲れていたけど、一生懸命作りました
ハイキングで草原を楽しんだ後は、思い出をカタチに残すフォトブック作りをしました。写真とともに印象に残ったものを絵やメッセージで装飾しました。記録だけでなく、記憶にも残るような「おやとこ」を今後も展開していきたいです。


↑

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.