セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

自然であそぼう!おやとこ〜野山あるきの巻〜
春の草原ハイキング


2018年5月4日(金・祝)
ケーン!とキジの鳴き声を聞きながらワラビ摘み
風が吹いて寒かったけど楽しいね!
 野焼きから約1か月。美しい新緑が広がるおにぎり山で草原ハイキングを実施しました。
 草原の生きものクイズや野焼きで草原環境を守る意味についてお話した後、さっそく草原の登山道へ。のんびり思い思いに歩きながら、ワラビ摘みやのどかな草原の景色を楽しみました。おにぎり山の山頂では、眼下に広がる高原の新緑美を見ながら、ヤッホータイム!ここは、山の谷に反響する長いやまびこを味わえる絶好の場所です。子どもも大人も次々に叫んでいました。
 あいにく、当日は気温が低く、おまけに風が強かったため、30分程度しか山頂にいられませんでしたが、家族でランチをしたり、草原で走り回ったり、用意した手作りおやつのヨモギの蒸しパンを試食したりと、短い時間の中で楽しんでいただけました。
 帰りは、草原で暮らす足元の生きものたちの観察をしながら下山です。キスミレやマイヅルソウ、山菜のウドや、ウサギやシカのフンを探しました。一見すれば緑が広がる草原ですが、実は多くの生きものたちが暮らす揺りかごなのです。
 季節ごとに魅力いっぱいの草原に出かけてみませんか。おにぎり山は常時登ることができます。
どこまで走っても草原!
シカの足跡がたくさんあるなぁ
マイヅルソウ。とっても小さな花を観察しました


↑

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.