セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキもすめる里づくり

ふるさと探検クラブ
〜ちくご川探検ツアーと田んぼdeどろんこ田植え競争〜


2015年5月30日(土)
始めのオリエンテーション
 九重町の子どもたちに“足元の身近な自然に目を向けてほしい”という願いを込め、今年度から新たな取り組みを始めることになりました。
 今年は、九重町を源流域のひとつとする“筑後川”をテーマに1年間活動します。第1回目の活動は、“ちくご川探検ツアー と 田んぼdeどろんこ田植え競争”!午前中は、長者原タデ原湿原を探検しながら筑後川の源流(湧水)までウォークラリーを行い、午後は、その源流の水を引いている“生きものの豊かな田んぼ”で田植えを行いました。
筑後川源流までウォークラリー
源流で水の飲み比べ
チームを分け田植え競争!
タデ原に生えるヒゴタイのポーズで記念撮影
 当日は生憎の雨でしたが、子どもたちは初めての源流見学や田植えをとても楽しんだ様子で、雨や自然の恵みを感じながら第1回目の活動を行うことができました。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.