セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

スタッフ

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
 川野 智美(かわの さとみ):さとちゃん(代表)
[photo]川野祖母のかたわらで見た田んぼの中のメダカの学校。小さな生きものに親しんだ子どもの頃の体験が今の自分につながっていることを感じています。子どもたちには身近な自然とつながる体験を通して、ふるさとへの愛着そして誇りを持ってもらいたいと思います。また九重の原風景と言える草原とそこにすむ動植物の保全、これらにインパクトを与える外来植物の防除に力を入れています。専門は植物生態学。春の息吹をもらえる山菜が大好物。
<委員・資格等>大分県「安心・活力・発展プラン2015」推進委員・大分県環境審議会委員・九重町社会教育委員・九重町生物多様性保全対策協議会委員・自然公園指導員・NEALインストラクター他

 阿部 秀幸(あべ ひでゆき):あべべ
[photo]阿部学生時代にバードウォッチングを覚え、以来、野鳥の魅力のとりこになりました。自然保護を志したのも野鳥の生きる環境について考えるようになったためです。田んぼや雑木林を遊び場として育ったためか、里山の自然が好きです。人と自然が当然のように共存していたかつての里山を取り戻すような活動に取り組みたいと思い、お米と同時に生きものも育む「自然共生型田んぼ」の在り方を模索しています。野鳥以外で好きなのは猫と錦鯉。錦鯉は品評会に出品することも。
<委員・資格等>大分県希少野生動植物保護推進員・九重町生物多様性保全対策協議会専門委員・2級ビオトープ施工管理士・NEALインストラクター他

 指原 孝治(さしはら こうじ):さっしー
[photo]指原大学時代に友人と訪れた離島でのキャンプ体験から、自然に関わる仕事に興味を持ちました。そして、国立公園の仕事がきっかけで出身地・大分県のくじゅう地域へ。野焼きを行う広大な草原や湿原、四季で姿を変える山々…。昔から人々によって維持されてきた自然を守り伝えるとともに、環境教育を通じて将来を担う子どもたちと自然の面白さや楽しさ、感動を共有できる担い手として、くじゅうの自然を未来に残していきたいと思います。専門はくじゅうの山歩き。草原で寝っころぶのが至福のとき。
<資格等>2級ビオトープ施工管理士、NEALインストラクター他

 江上 日南子(えがみ ひなこ):ひなちゃん
[photo]児島山登りのメッカであるくじゅう連山を南側に配し、新緑や紅葉、春には山々をピンクに染めるミヤマキリシマなど、四季折々の魅力ある九重。それらを求めて日本国内・海外から多くの方が訪れる観光地でもあります。
九重で生まれ育った私は、九重の自然が大好きです。特にお気に入りなのは、好きな音楽を聴きながら星空を眺めること。満点の星空は、標高が高く空気が澄んでいるからこそ。ほかにも標高が高いことで九州では珍しい高山植物コケモモがあるなど、私にとっての当たり前は、実は特別なことなのだと感じるようになりました。
訪れる人、そしてここに生きる人を魅了する九重の自然を守るため、自然保護・保全活動に積極的に取り組んでいきたいと思います。得意なことはイラストを描くこと。通信誌や教材などに力を入れたいと思っています。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.