文字サイズ

2011年8月20日(土) 第2回 「東京の緑を守ろうプロジェクト」シンポジウム開催!

助成先団体のパネル展示

14団体が順番に活動発表

活動報告
8月20日(土)、都庁都議会議事堂1F都民ホールにて、シンポジウム「みどりを守る知恵を分かち合い、未来へいかそう」及び「市民活動助成事業説明会」を開催し、107名の方にご参加いただきました。
基調講演は、(公財)トトロのふるさと基金事務局長の荻野豊氏に「緑の保全活動を支える市民の力」と題し講演いただきました。同基金は、保護する地域や土地を設定して買い上げ、管理保全していくナショナル・トラスト活動により「トトロの森」を保全しています。荻野氏は、復元した里山を守り続けるためには、地域住民や企業・行政と保全協定を結び、役割分担の元で活動することが必要であり、同基金の役割は土地の取得だと話されました。

今年度の「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」助成先14団体による「緑を守り育てる市民活動の報告」は、団体の代表からなかなか聞くことができない体験談を交え、地域の理解を得るまでの経緯や活動内容などを、持ち時間5分間で順番に発表しました。また、ロビーにはパネル展示による活動紹介も行われ、たくさんのお客様が興味深くパネルを見ていました。

パネルディスカッションは、参加者の質問にパネラーが答える形で進められ、仲間が一緒に活動するキーワードは「価値観」と「つなぐ」だとの荻野氏に、「価値観を高めあうのがスタート」と渋澤壽一氏が続けました。恵小百合氏(認定NPO法人自然環境復元協会副理事長)は、プログラムの情報発信について、佐藤留美氏(NPO法人 birth事務局長)は、広報について話されました。

「市民活動助成事業説明会」では、2012年度の「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」とセブン‐イレブン記念財団「公募助成」について、当財団の担当者より概要を説明しました。
発表団体
団体名(*)
申請活動名
三輪みどりの会
町田の里山の再生・保全活動
南ちゃんの会
稲城に自生する樹木や山野草で新しい街づくり
東大和市狭山緑地雑木林の会
生物多様性を考えた、みんなで取り組む狭山緑地の再生・保全
上川町緑地保全等対策実行委員会
八王子市上川町(中部)北沢谷戸緑地保全活動
代々木公園ボランティア
自然観察会等の普及啓発活動
西東京 自然を見つめる会
「西東京市の木50選」を選定する
カニ山の会
一般市民参加による国分寺崖線樹林の再生活動
NPO法人 自然環境復元協会
杉並区の都市公園におけるビオトープ・田んぼ・緑地保全プロジェクト
西川花の里づくりの会
みんなで奥多摩の里山を守ろう
NPO法人 ふるさとの森づくりセンター
菅生・エコミュージアム(里山自然史博物館構想)
入間・樹林の会
国分寺崖線入間町1丁目樹林地保全活動
隅田公園さくらパートナーシップ
墨田公園さくらパートナーシップ「墨田公園の緑化再生プロジェクト」
NPO法人 東京どんぐり自然学校
小平市上水新町保存樹林保全活動
東京里山開拓団
東京里山開拓団による里山と子どもをつないで一挙両得!活動
第1部:シンポジウム
→基調講演
「緑の保全活動を支える市民の力」
荻野 豊氏(公益財団法人トトロのふるさと基金 事務局長)
→緑を守り育てる市民活動の報告  
「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」支援団体の活動
→パネルディスカッション
 
パネラー
荻野 豊氏氏(公益財団法人トトロのふるさと基金 事務局長)
恵 小百合氏(認定NPO法人自然環境復元協会 副理事長)
佐藤 留美氏(NPO法人 NPObirth 事務局長)
コーディネーター
渋澤寿一氏(東京の緑を守る将来会議 事務局長)
→会場のみなさまからの質疑応答
[Photo]
荻野豊氏の講演
[Photo]
パネルディスカッション
[Photo]
パネラー
第2部:「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」説明会

公募助成の説明
→2012年度「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」の説明
→セブン-イレブン記念財団「2012年度公募助成」の説明


閉じる

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2012 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.