セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2017年11月12日(日)「わくわくフェスティバル」に「森のふれあい工房」を出展しました
[Photo]
たくさんの方で賑わうブース

11月12日(日)気持ちの良い秋晴れの中、高尾の森わくわくビレッジで行われた「わくわくフェスティバル」に、クラフト体験と松ぼっくり釣りができる体験ブース「森のふれあい工房」を出展し、309名の方にお越しいただきました。

クラフト体験では、高尾の森自然学校の森林整備の際に発生した間伐材の輪切りや、松ぼっくり、ドングリなどの木の実をボンドで貼りあわせ、自由に作品を作っていきます。参加者は、好きな材料をトレーに取り、思い思いに個性豊かな作品を作っていました。参加者からは、「いつもできないことを子どもと一緒にできてよかったです。」「親しみのある自然のものを自分で選んで作れて楽しかった。子どもよりも大人の方が集中していたのかも」といった感想を頂きました。

「松ぼっくり釣り」のコーナーでは、自然学校の竹を使った手作りの釣り竿で、1分間に何個釣れるかを競うタイムトライアルを実施しました。最高記録はなんと9個。たくさん取れた子も少ししか取れなかった子も、みんな夢中になって楽しんでいました。

[Photo]
親子で楽しみながら作品作り
[Photo]
個性豊かな作品
[Photo]
「松ぼっくり釣り」も大盛況

→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.