セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

文字サイズ

2018年2月25日(日)高尾の森自然学校プログラム クラフトワークショップ「竹のカトラリーづくり」を実施しました
[Photo]
上手にきれるかな
[Photo]
竹割器で竹を割るよ
2月4日に実施した「生きものがすむ森づくり-竹林編第3回-」で切り倒した竹を使って、スプーンやお箸などのカトラリーづくりを行いました。
まずは竹を作りたい箸やスプーンのサイズに合わせて、ノコギリや竹割器で加工し、カトラリーの土台を作っていきます。その後は、彫刻刀やクラフトナイフでどんどん削って形にしていきます。初めて刃物を使う子もいましたが、使っていくうちに上手に使えるようになりました。
参加者からは「スプーン作りは難しかったけど、楽しかった」「かっこいいお箸が作れた」など、様々な感想をいただきました。自分で作ったカトラリーを使うだけで、普段の食事も格別なものになるでしょう。
[Photo]
削るの難しいなぁ
[Photo]
余分な部分はノコギリでカット!
[Photo]
完成!


→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.