セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

スタッフ

文字サイズ

活動
石井 麻美子
石井 麻美子
東京都出身。幼い頃から自然が好きで、大学での調査実習で野鳥に興味を持ちました。また、里山保全活動にも参加し、里山を保護・保全していく大切さを学び、それを多くの人に知ってもらいたいと思い、里山保全の道を志しました。里山の大切さ、素晴らしさをより多くの人に知ってもらえるよう取り組んでいきたいと思います。
小野 響子
小野 響子
福岡県出身。幼い頃から海や山に囲まれた自然豊かな環境で育ちました。県内で公害対策や環境教育が盛んであったため、環境問題に興味をもち、大学時代は環境法を学びました。また、長崎県雲仙市の過疎地域にて無農薬栽培でつくられたお米の美味しさ、地元住民の熱意や温かさに感動し、棚田米づくりを中心とした農業にのめりこみました。高尾の森自然学校では森林整備はもちろん、伝統野菜や地域文化の保全などを通し、人と自然の共生、自然の素晴らしさを伝えていきたいと思います。
後藤 章
後藤 章
青森県出身。大学時代、自然が失われつつあることを知り、保全生態学の研究室の門をたたいたことがこの世界に飛び込んだきっかけです。大学では、小笠原諸島での絶滅危惧植物の研究や各地での市民との協働による保全の研究と実践を通じて、生物多様性の素晴らしさと伝えることの大切さを学びました。その後は高校の生物教員をしながら、環境NPOでの保全事業にかかわってきました。高尾の森には、豊かな生き物と人々のつながりがあります。これまで学んできたことを生かし、より大きな輪になるように取り組みたいと思います。



→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.