bar
文字サイズ
わが街の環境マイスター 竹林を舞台に地域の輪をつなぐ
豊田菜々子さん (NPO法人 環境保全教育研究所代表理事)

人が入れなかった放置竹林を、自然体験のフィールドとして活用する「へんちくりん」の活動。一人の大学生の志が、10年かけて実った。

 

たまたまそこが竹林だった
 

放置竹林に頭を悩ませている地域は少なくない。長崎市もその一つだ。同市郊外に、竹林を子供たちの野外活動のフィールドとして有効に活用している団体がある。「へんちくりん」の愛称で呼ばれるNPO法人環境保全教育研究所だ。10年前にこの団体を立ち上げたとき、豊田菜々子さんは長崎総合科学大学の4年生だった。

「もともと自然体験が好きで、大学時代はキャンプサークルに所属していました。夏になると30人ぐらいの子供たちを連れて2週間のキャンプ生活をする、といった活動です。卒業後は、大学で学んだことを活かして、企業に対する環境経営のコンサルタントを本業にしつつ、自然体験事業もあわせてやっていきたいと思って、環境保全教育研究所をつくったのです」

誰も道を示してくれない、ゼロからの出発だった。このとき設けた活動拠点が、竹林に囲まれた現在の事務所の場所である。事務所の建物は空き家を改修したものだ。

photo
「最初は環境保全という大きなテーマを掲げていましたが、だんだん身近な地域の生活や自然を見直す方向にシフトしてきました」という豊田さん
photo
「へんちくりん」とは、人と竹林が変わっていくことを意味する
 

「長崎はモウソウチクの多い地域です。このあたりは、かつて缶詰用のタケノコを栽培していたらしいのです。ところが、定期的に仕入れに来ていた缶詰業者が、輸入品に押されて廃業してしまった。タケノコの買い手がいなくなって、竹林も放置されてしまったと聞いています」

じつは、豊田さんは以前からこの場所に通っていた。荒れる一方の竹林に手を焼いた土地の持ち主がタケを伐ってくれるところはないかと地元の社会福祉協議会に問い合わせ、そこから大学に話が来たのだ。豊田さんらは仲間を集めて「竹取物語」というプロジェクトをつくり、竹林整備に汗を流した。

 

「団体の拠点を探したら、そこがたまたま縁のある竹林だっただけで、最初から竹林問題に関心があったわけではないのです」

と豊田さんは笑うが、その後の豊田さんの歩みは、竹林というフィールドを得たことで飛躍した。竹林が荒れるのはタケの使い道がなくなったからである。豊田さんは「自然体験」という使い道を設定することによって、こつこつと竹林整備を進めてきた。

photo
収穫したタケノコに包丁をふるう。へんちくりん学校でのひとコマ
photo
伐ったタケを粉砕していく。竹林整備は継続が命。手入れを怠るとあとが大変だ
 

「この竹林も最初は人が入れる状態ではありませんでした。活動場所として使うためには、子供たちが入れる状況をつくらなければならない。そこで毎年、切っては燃やし切っては燃やし、タケノコを掘る、というのを繰り返しました。ここ数年でようやく入れるようになってきたところです。でも竹林には、1年を通して活動できるという大きな利点があります。春はタケノコ掘り、夏はそうめん流し、秋はタケを使ってご飯を炊いたりするアウトドアクッキング、冬は門松作り……。季節を感じられるところが魅力的ですね」


そうめん流しが名物に
 

任意団体として出発した環境保全教育研究所は、4年目の2014年にNPO法人の認証を受けた。地域の協働事業や地域活性化といったことが重視される時代の流れも追い風になり、竹林での自然体験はしだいに地域に認知されるようになった。とりわけ夏のそうめん流しは地元の名物イベントである。

「もともとは、地域の学童保育の子供たち向けの活動として、長いそうめん流しをしたいという希望がありました。ちょうど小学校の裏に、車が通れない、まるでそうめん流しのためにあるかのような道があるんです。そこで、伐り出したタケをつないで40mから始めました。毎年2mずつ延長していますから、去年は56mまで延びるはずだったんですが、残念ながら新型コロナで中止になってしまいました」

自然体験の受け入れは、保育園や学童保育など、30人、40人といった団体単位でおこなってきた。だが、口コミで評判が広がり、個人でも参加したいという声が増えてきたため、2016年に自然体験プログラム「へんちくりん学校」を開始、親子単位、家族単位でも体験できるようにした。

 

「この仕事を始めるとき、誰もが『また来たい』と思えるようにしたかった。その気持ちはずっと持っています。企画を立てる際は、必ず相手と綿密な打ち合わせをして、どんな子供たちがいるか、どういうことをしたいかを聞き取り、プログラムに落とし込むようにしています。ですから、同じタケノコ掘りでも、参加する子供たちによって、毎回内容が変わってきます」

努力がむくわれ、リピーターになる人が多い。そればかりか、かつて参加した小学生が、高校生、大学生になって、今度はスタッフとして手伝ってくれるようになった。

「いつか彼らが私のような仕事をしたいと思ったときのベースづくりができればいいなと思います。そのためにも、これからは口コミに頼らず、自ら発信していかなければ。考えていることをどんどん外に出していかないと、夢は実現しませんから」

photo
みんなで門松づくり。門松は大・中・小の3種類を販売している。人気の商品だ
photo photo
上=そうめん流しは竹を伐り出すところから始める 左=長い坂道が、そうめん流しにうってつけ。全員に均等にいきわたるかどうか、スタッフは気をつかう
CONTENTS
------------------------------
コンテンツ
・竹林を舞台に地域の輪をつなぐ 豊田菜々子さん NPO法人 環境保全教育研究所 代表理事
・震災10年 子供たちの声が響く海を取り戻す 伊藤栄明さん 松島湾アマモ場再生会議 副会長
・都市のみどりを次世代へ 村田千尋さん 特定NPO法人 みどり環境ネットワーク! 事務局長
・釣り人の聖地・琵琶湖でごみを拾う 木村建太さん プロアングラー、淡海を守る釣り人の会 代表
・土木工学が出発点。海辺の環境保全に挑む「ハゼ博士」 古川恵太さん NPO法人 海辺つくり研究会 理事長
・故郷の廃村に新たなにぎわいを 松浦成夫さん NPO法人 時ノ寿の森クラブ 理事長
・荒れ果てた藪を、ホタルが舞い飛ぶ森に 伊藤 三男さん 学校法人田中学園 学校法人緑丘学園 監事
・美ら海への思いを大地に植える 西原 隆さん NPO法人 おきなわグリーンネットワーク 理事長
・都市の貴重な干潟を守るボランティアの力 橋爪 慶介さん DEXTE-K代表
・浜辺のごみ拾いを20年で大きな運動に 鈴木 吉春さん 環境ボランティアサークル 亀の子隊代表
・「美味しい」を手がかりに大阪湾を再生 岩井 克己さん NPO法人 大阪湾沿岸域環境創造研究センター 専務理事
・環境保全活動を通して、成長する若者たち 草野 竹史さん NPO法人 ezorock 代表理事
・主体性のある人間を自然の中で育てたい 山本 由加さん 認定NPO法人 しずおか環境教育研究会(エコエデュ) 副理事長兼事務局長
・付加価値の高い木材で山を元気に 藤﨑 昇さん NPO法人 もりずむ 代表理事長
・自然を大切にする人を育てる幼児教育 内田 幸一さん 信州型自然保育認定園「野あそび保育みっけ」 園長
・企業経営で培った組織のマネジメント 秋山 孝二さん 認定NPO法人 北海道市民環境ネットワーク 理事長
・移住者の視点で森の町の課題に挑む 麻生 翼さん NPO法人 森の生活 代表理事
・生ごみの堆肥化で循環社会を創る たいら由以子さん NPO法人 循環生活研究所 理事長
・「地球の消費者」から「地球の生産者」へ 加藤大吾さん NPO法人 都留環境フォーラム 代表理事
・干潟に子供たちの歓声を取り戻す 足利由紀子さん NPO法人 水辺に遊ぶ会 理事長
・日本型の環境教育を求めて 新田章伸さん NPO法人 里山倶楽部 副代表理事
・カメラに託した「水」への熱き思い 豊田直之さん 写真家
・「月に一度は山仕事!」のすすめ 山本 博さん NPO法人 日本森林ボランティア協会 事務局長
・奥能登の昔ながらの暮らしを“再発見” 萩野由紀さん まるやま組主宰
・北海道から広げる自然教育ネットワーク 髙木晴光さん NPO法人 ねおす 理事長
・「森のようちえん」は毎日が冒険 原淳一さん NPO法人 アキハロハスアクション 理事長
・東北に国産材のサイクルを築く 大場隆博さん NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク 副理事長
・魚食復活をめざし、本日も全力疾走 上田勝彦さん 魚食復興集団 Re-Fish 代表
・「竹害」との戦いにかけた第二の人生 松原幸孝さん NPO法人 かいろう基山 事務局
・ニッポンバラタナゴの楽園を守る 加納義彦さん NPO法人 ニッポンバラタナゴ高安研究会 代表理事
・雁の里から発信「ふゆみずたんぼ」 岩渕成紀さん NPO法人 田んぼ 理事長
・「夢」は最高のエネルギー 杉浦嘉雄さん 日本文理大学 教授
・宮沢賢治に導かれて山村へ 吉成信夫さん NPO法人 岩手子ども環境研究所 理事長
・「海のゆりかご」再生にかける 工藤孝浩さん 神奈川県水産技術センター 主任研究員
・お金に換えられない価値を知る 澁澤寿一さん NPO法人「樹木・環境ネットワーク協会」理事長
・自然界に学ぶ最先端の技術 仲津英治さん 「地球に謙虚に運動」代表
・豊かな森を人づくりに活かす 萩原喜之さん NPO法人「地域の未来・支援センター」理事長
・自然が先生──生きる力を育てる 広瀬敏通さん NPO法人「日本エコツーリズムセンター」代表理事
・ホタルに託した鎮魂の思い 冨工妙子さん ながさきホタルの会・伊良林小学校ホタルの会 会長
・人とトキのかけはしになる 高野毅さん 生椿(はえつばき)の自然を守る会 会長
・民間の力で都立公園の緑を守る 佐藤留美さん NPO法人 NPO birth 事務局長
・花の湿原を守る肝っ玉かあさん 三膳時子さん 認定NPO法人 霧多布湿原トラスト 理事長
・干潟を拠点に人と自然をつなぐ 立山芳輝さん NPO法人 くすの木自然館 理事長
・子どもたちの冒険に寄り添う 佐々木豊志さん NPO法人 くりこま高原・地球の暮らしと自然教育研究所 理事長
・北海道にシマフクロウを呼び戻す 菅野正巳さん NPO法人 シマフクロウ・エイド
・ふるさと新城をもう一度桜の名所に 松井章泰さん 「100万本の桜」プロジェクト発起人
・1960年代の武蔵野の自然を取り戻す 佐藤方博さん NPO法人 生態工房
・緑ふたたび──三宅島に苗木と元気を! 宗村秀夫さん NPO法人 「園芸アグリセンター」 理事長
・冬の山中湖を彩るキャンドル 渡辺長敬さん NPO法人 富士山自然学校 代表
・年に10万匹のホタルを育てる 坂井弘司さん 旭川市西神楽ホタルの会 事務局長
・築230年の古民家に生きる 時松和宏さん 大分県九重町 農家民宿「おわて」 主人

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.