セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
森林スポーツフェスタ
広報誌「みどりの風」
低炭素杯
ボランティア訪問日記
森のようちえん
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

森のようちえん全国交流フォーラムへの支援
森林の中を学びの場として、子どもの主体性を重んじた保育を行っている「森のようちえん」の活動が日本でも広がっています。「森のようちえん」の活動を行っている現場担当者や関係者などが、情報交換の場として開催する「森のようちえん全国交流フォーラム」の主旨に賛同し、当記念財団は2015年の第11回よりフォーラムの開催を支援しています。


2019年11月2日(土)~4日(月・祝)第15回 森のようちえん全国交流フォーラムinぎふ」を開催しました
photo01
開会式
photo01
涌井史郎学長の基調講演

2019年11月2日(土)~4日(月・祝)岐阜県美濃市にある岐阜県立森林文化アカデミーにて「第15回森のようちえん全国交流フォーラム inぎふ」が開催され、会場には3日間で延べ1,200名が参加しました。
開会式の後、「ぎふ森のようちえんアワード」の表彰式が行われ、「自然育児 こどもの庭」(美濃加茂市・可児市)、美濃加茂市役所、(一社)MORIWARAの三者が表彰されました。
続いて、岐阜県立森林文化アカデミーの学長でもある涌井史郎氏による基調講演です。
涌井学長はスウェーデンの16 歳の環境活動家、グレタ・トゥンベリさんの活動内容から始まり、地球上では年間4万種の生物が絶滅している現状、エコシステムでは生き物が一つの歯車のような働きをしており、その歯車が狂うとどうなるのかなど参加者に問いかけがありました。最後に森の楽しみ方を伝えるドイツBW州のハウス・デス・ヴァルデスに倣って、すべての県民、国民が森林に対して責任ある行動をとれる人材育成を目指してmorinosを開設することもお話しされました。

2日目は「子ども×発達」「子ども×保育」「子ども×居場所」「子ども×学び」などについて10会場でワークショップや体験活動などが行われました。現場の第一人者の話を参加者はメモを取りながら聞き入ってました。

3日目最終日

午前中は分科会で学びの時間、そして全体のふりかえりが行われました。

最後には来年2020年11月に島根で開催するフォーラム開催事務局にバトンが渡され、3日間の交流フォーラムが終了しました。
分科会の様子
分科会「林業からみるチームビルディング」二人ペアで木を伐採します。
分科会「林業からみるチームビルディング」 全員で行動を考えていきます。
2016年11月4日(金)~6日(日)北海道大沼にて「第12回森のようちえん全国交流フォーラムin北海道」が開催されました
photo01
宮本英樹氏の基調講演
photo01
パネルディスカッション
 11月4日(金)~6日(日)北海道亀田郡七飯町大沼にて「第12回森のようちえん全国交流フォーラムin北海道」が開催され、全国で森のようちえん活動に取り組む方々が3日間で延べ約800名参加しました。
 1日目は、森のようちえん活動にも携わり、現在は牧場経営者である宮本英樹氏より今までの森のようちえんと、現在の森のようちえんについての基調講演と「森のようちえんの未来」と題したパネルディスカッションを行いました。
 その後、大沼のサテライト会場でもある牧場「Paard Musee」に集まり、参加者全員で情報交換会が行われました。
2日目の分科会
 2日目は、テーマに分かれ分科会形式で情報交換を行いました。分科会では「森のようちえんの運営と管理」「地域と共に育む 木育・食育・自然教育」「世界の森のようちえん」など貴重な情報が提供され、活発な意見交換が行われました。
 3日目は、ワークショップ形式で2日目の分科会での話し合われた内容をグループごとに共有しました。すべての分科会に参加者が参加できないので貴重な時間です。また参加者ごとに受けた感想もさまざまで、多種多様な意見が発見できました。最後に参加者それぞれが今回のフォーラムで得たことを基にアクションプランを作成し、宣言書を読み上げ発表しました。
 来年、2017年11月に東京で開催するフォーラム開催事務局にバトンが渡され、3日間の交流フォーラムが終了しました。
3日目の全大会
3日目のワークショップ
来年の事務局へバトンを渡す
2015年11月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)「第11回 森のようちえん全国交流フォーラム2015in長崎・いさはや」を開催しました!
松木正氏の特別講演
 2015年11月21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)の3日間、長崎県諫早市の国立諫早青少年自然の家にて「第11回森のようちえん全国交流フォーラム2015in長崎・いさはや」が開催されました。長崎の自然豊かな環境の中、開催3日間で全国から延べ約900人の方が参加されました。日本でも認知されてきた「森のようちえん」の活動をしている現場担当者や関係者、これから「森のようちえん」を初めてみようという方たちが情報交換をしました。
 1日目は、特別講演「幼児・自然・自己肯定感」というタイトルでマザー・アース・エデュケーションの松木正氏より、「いろんな経験のプロセスを感じることができるのが自然であり、森である」、「森や自然の中でプロセスを体験することは、生き方のプロセスを感じて学ぶこと」ということが話されました。
 その後、森のようちえん全国ネットワーク運営委員長の内田氏より「そもそも森のようちえんと」と題して、フォーラムの11年の歴史の振り返りトークがありました。
2日目朝6時半からの早朝ワークショップ
 2日目は、さまざまなテーマに分かれた分科会形式の学びの時間です。現場サイドでの安全管理情報や森のようちえんを始めたい人への入門編講座、森をキーワードにしたライフスタイル提案、子どもたちはクラフト体験活動や山登り体験など、豊富な分科会に参加者全員が満足されていました。
内田氏が過去からの経緯を説明
分科会に聞き入る参加者
体験学習の安全講習の分科会
 3日目は「森のようちえんの今日までそして明日から」というテーマでパネルディスカッションが行われました。文部科学省、鳥取県智頭町長、地元諫早市こどもの城館長、行政のサポート担当者、内田運営委員長などから、それぞれの立場で前向きな意見が出され、今後の取り組みに期待が持たれました。
 また、全行程において子ども連れで来ている方も安心して参加できるように、託児所もあり、森のようちえん全国交流フォーラムらしい気配りがなされていました。
クロージングではグループごとに振返り
来年の北海道開催にバトンが渡される


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.