セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


「広島セブンの森」づくり
 広島県と(株)セブン-イレブン・ジャパンとの包括協定に基づき、東広島市と2013年に協定期間6年(2013年~2019年)の森の協定を結び、八本松町吉川(はちほんまつちょうよしかわ)の「長寿の森」で、「広島セブンの森」づくりに取り組んでいます。八本松町吉川地区は、農林水産省の「美しい日本のむら景観百選」に選ばれた所で、広大な田んぼに赤瓦、白壁、朱塗りの柱、入り母屋屋根の家が点在する伝統的な美しい日本の田園風景が見られます。
 「広島セブンの森」づくりは、東広島市と賀茂地方森林組合の指導をいただきながら、3.6haの森に抵抗性マツや桜、広葉樹を植樹し、間伐などの保育活動を継続して行っています。
2020年11月20日(金)第15回「広島セブンの森」活動
集合写真

2020年11月20日(金)、広島県広島市の長寿の森にて2016年度に植樹(ヤマモモ・マツ)したエリアの下刈りを実施しました。 天候は曇りでしたが、賀茂森林組合3名、セブン‐イレブン加盟店18名、本部社員8名、記念財団5名の総勢34名が参加。活動エリア一帯は急斜面のため、森林組合の方に安全を見守っていただきながら手鎌での下刈りを実施しました。

急斜面での作業
マツの苗木
ヤマモミジの苗木
●広島セブンの森 (面積3.6ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2013年427 植樹 650本 131 142
第2回 2013年1026 植樹 450本 27 31
第3回 2014年426 植樹と間伐 300本 151 159
第4回 2014年111 植樹 500本 69 76
第5回 2015年59 植樹 530本 161 170
第6回 2015年1114 植樹 500本 43 51
第7回 2016年423 植樹と間伐 530本 149 157
第8回 2016年115 植樹と間伐 530本 154 164
第9回 2017年422 植樹 500本 153 160
第10回 2017年114 植樹 500本 155 160
第11回 2018年414 植樹 500本 168 174
第12回 2018年1124 森林整備、災害復興としての植樹 500本 196 214
第13回 2019年413 植樹、間伐、山道作り 500本 200 225
第14回 2019年1116 マツ・コナラ・ヤマザクラ・ ヤマモミジ・欅の植樹、間伐、下刈り、山道の整備 500本 164 201
第15回 2020年1120 下刈り 26 34
合 計 6,990本 1,947 2,118

※参加人数の「加盟店と本部社員」に財団職員の人数は含まれておりません。


↑

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.