セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動
東京の緑を守ろうプロジェクト
「セブンの森」づくり
東京湾UMIプロジェクト

文字サイズ
活動のご紹介

「セブンの森」づくり
セブンの森
地球温暖化対策、生き物豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、各地域での「セブンの森」づくりに取り組んでいます。


山梨セブンの森

山梨県笛吹市の土壌は肥沃で排水がよく、日照時間が長い上に昼夜の温度差が大きい、果樹栽培に優れた適地です。春には桃の花が咲く桃源郷、日本一の収穫量を誇る桃やぶどうなどの「果実郷」、人々の癒しと安らぎをもたらす「温泉郷」を有し、多様で貴重な歴史的・文化的資源が数多く存在しています。

「山梨セブンの森」では、森林環境の保全に貢献するとともに、地域社会との交流を実施することにより地域の発展に寄与することを目的とし、活動を開始しました。

2020年11月14日(土)第2回「山梨セブンの森」活動

2020年11月14日(土)、大藏経寺山にて山道の整備(倒木撤去、間伐、下刈り、落石、撤去)活動を実施しました。

好天に恵まれる中、今回は第1展望台周辺にて活動を実施、NPO法人しんりん3名、セブン‐イレブン加盟店17名、本部社員9名、記念財団事務局4名の合計33名が参加しました。

山道の整備と共に、枯れ木、危険木をNPOの方に伐採してもらい、みんなで力を合わせて森から搬出する大変な作業となりました。

集合写真
下刈り作業
木の伐採
力を合わせて倒木の搬出
●山梨セブンの森 (面積20.6ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2020年417 山道整備 1 6
第2回 2020年1114 山道整備 26 33
合 計 27 39
2020年4月22日(水)整備・保全活動協定締結
大藏経寺山
2020年4月22日(水)、大藏経寺と笛吹市とセブン‐イレブン記念財団の三者で、大藏経寺山の森林において整備・保全活動を実施することにより、森林環境の保全に貢献するとともに、地域社会との交流を実施、地域の発展に寄与することを目的として調印しました。


このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.