セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

自然教室講座「草原の昆虫しらべ」


2011年7月18日
危ない虫
 梅雨明けの夏空の下、真っ青に茂った草原で昆虫しらべを行いました!
 九重の草原はこれからが夏本番。草原の夏の草花も咲き始め、昆虫たちも活発に動き出す季節です。
 かんかん照りの暑い日中でしたが、子どもたちは元気に草原を駆け回りながら、虫とりに夢中になっていました。場所によっては自分の背丈より高い草を掻き分けながら虫捕り網を振り回します。バッタやチョウ・トンボが網に入るたびに歓声を上げながら虫かごに押し込んでいました。
道具の使い方
 今回の草原の昆虫しらべでは、草原と林の中の2種類の環境で昆虫を探してもらいました。草原にはバッタやチョウ・トンボの仲間、イタドリが好きなマメコガネがたくさん見られました。川沿いの林では、クワガタやカブトムシは見つけられませんでしたが、ヘビトンボやニイニイゼミ、カワトンボなど、水辺や木に生息する虫たちを見ることができました。
 今回の虫捕りで、生きものによって好きな環境が異なることがわかりました。楽しい虫捕りも、ねらった虫がどんなところに棲んでいるのかを知っていれば、もっと楽しくなると思います。
みんなで虫捕りへ
つかまえた!!
バッタトッタ
セセリチョウの仲間
バッタの抜け殻発見
林の中の草むらと原っぱは違う



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.