セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
くじゅうの自然保護・保全

野生動物を探しにいこう


2013年07月27日(土)〜28日(日)

 普段道路の脇で見かけるタヌキやさっと道を横切るイタチなど、遠目では見かけることはあってもなかなか近づくことのできない野生動物たち。その生活に迫る1泊2日のキャンプを行いました。
 まずは、けもの道や足跡など、野生動物の痕跡を探しに行きました。けもの道があちらこちらに走っていたり、食べものを探すために土を掘り返したあとなど、たくさんの生きものが、夜活発に動き回っている様子がうかがえました。
photo
けもの道が縦横無尽に走っています
photo
カエル見つけた
photo
通り道を狙います
 続いて、野ネズミを捕獲するためにトラップをかけます。ネズミの通り道ってどんなところでしょうか。ネズミの気持ちになって仕掛け、明日の朝を待ちます。(捕獲には許可を得て実施しております)
昆虫のライトトラップ
星空観察
 みんなで作った夕食を堪能し、九重の温泉を満喫しているうちに、夜の闇が迫ってきました。夜は野生動物の活動時間です。今日は少し夜更かしをして野生動物の気分になってナイトウォークを楽しみました。
 次の日の朝、いつもより寝不足なのに自然と目が覚めます。早朝バードウォッチングで鳥を観察した後は、お待ちかねのトラップの回収です。合計4匹のアカネズミを捕獲することができました。かわいらしい森のネズミにみんな大興奮。耳の大きさは?しっぽの様子は?しっかりと観察してスケッチをしました。
photo
アカネズミ取ったよ!
photo
しっかり観察します
photo
名付けて、ネズミとフクロウの生き残りジャンケンゲーム
 ネズミが棲みやすい自然環境は、フクロウやテンなどネズミを食べる生きものにとっても棲みやすい環境です。生きものの命のつながりをゲームでわかりやすく体験しました。
テン
 最後に今回のキャンプの思い出を絵に描いてもらい、みんなの前でお話ししてもらいました。ネズミを捕まえたこと、夜空を飛ぶコウモリを観察したこと、それぞれの思い出を教えてくれました。あまり知らなかった野生動物と少し親しくなれた今回のキャンプ、実は以外とあなたの身近に野生動物は棲んでいます。今度あなたも野生動物を探しにいってみませんか?



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.