セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり
  

田んぼの草取り


田んぼに集まったこども
たちと手押し式草取り機


 自然学校の近くの小学校「飯田小学校」の総合的な学習の時間で植えた田んぼの草取りを7月18日に行いました。こどもたちは今まで使ったことのない手押し式草取り機の扱いに四苦八苦。勢い余って草のみならず稲まで倒してしまうこどももいました。それでも最終的には草取り機の扱いにも慣れ、田んぼの草を取りきることができました。こどもたちは草の多さから無農薬ならではの生物の多さを実感できたようです。

 8月18日には5月26、27日に田植えを体験していただいた方々に再びご参加いただき、ヒエをメインとした草取り(ほとんどヒエ取り)を行いました。
参加者の皆さんは稲が立派に成長した姿に驚くのと同時にヒエの多さにも驚かれた様子。稲とともに穂をつけているヒエを片っ端から抜いていきました。ヒエは穂だけを取ったのではすぐに新しい穂を出すので、根元から全て取り去らねばなりません。暑い日差しの下、軽トラックの荷台いっぱいのヒエを取りました。秋には待ちに待った収穫です。

かがむと姿が見えなくなるほど
成長した稲の中でのヒエ取り
袋に入りきらないほどのヒエ
軽トラックの荷台いっぱいのヒエ



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.