セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり

トキの里クラブ結成


2008年5月

 九重ふるさと自然学校では、九重町内の子どもたちを対象に、トキのすめる里づくりについて学習し、活動に取り組むこどもクラブとして、「トキの里クラブ」を結成しました。
 九重町には、将来九重町を“トキのすめるような里”にしたいという夢を見て活動している人たちがいます。一度絶滅してしまったトキがもどってこられるような町なら、きっと人間も暮らしやすい町であるはずです。
 しかし、いくら“トキのすめる里”にしたいと願っていても、その願いが多くの人々に伝わり、共感してもらえないことには“トキのすめる里”は実現できません。
トキの里クラブのメンバーとなったこども達

 こどもたちには、トキの里クラブの活動を通して、九重町を“トキのすめる里”にしたいという夢を受け継ぐとともに、家の人や友達など、たくさんの人にこの夢について伝えてほしいと思っています。
 トキの里クラブは、今後トキのすめる田んぼづくりや野鳥観察会、トキのすめるビオトープづくり、生き物調査などの活動に取り組んでいく予定です。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.