セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり

トキの里クラブのおつかれさま会


1年の活動の振り返り

来年以降の活動場所候補の観察路を散策

2009年1月

 5月からはじまったトキの里クラブの活動も12月で2008年度の活動を終了します。そこで、12月はこれまでの活動を振り返る「おつかれさま会」を実施しました。子どもたちには、活動の写真等を見ながら行ったことを思い起こしてもらうとともに、自然保護やトキのすめる里づくりに必要な要素を環境調査・環境管理・環境教育の3つに分類し、自分たちの活動がそれぞれどの要素に当たるのかということを考え、整理してもらいました。最初は少し難しかったようですが、具体的にどの活動がどれに当たるということを確認していくことで、これまでの活動がどのようにトキのすめる里づくりにつながったのかということを意識してもらうことができたようです。

 
散策中の野鳥観察
 また、来年度以降につながるように活動場所候補の散策も実施しました。子どもたちには、これまでにさまざまな切り口でトキのすめる里づくりを学習・実践してもらいました。これが今年1年で終わることなく、将来的には学んだことを糧として九重町のトキのすめる里づくりを担って欲しいと願っています。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.