セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり

第5回トキこども大使佐渡派遣


2009年8月

野生のトキ

 2009年8月21日〜24日、5回目となる、トキこども大使佐渡派遣が実施されました。
 トキこども大使はNPO法人九重トキゆめプロジェクト21との共催で、毎年、子どもたちを佐渡に派遣し、「トキのすめる里づくり」やトキを通して人と自然の関わりについて学んできてもらう活動です。
 毎年、来訪するたびに変わっていく、佐渡のトキを取り巻く状況ですが、今年は、これまでとは大きく違うことがあり、子どもたちも大人も大きな期待を持って佐渡に行ってきました。

 今回の佐渡がこれまでの佐渡と大きく違う点。それは、野生のトキがいるということです。トキは野生復帰のための放鳥が昨年9月25日に実施され、現在では4羽のトキが佐渡島内で生息が確認されています。この野生のトキたちを、トキこども大使としてははじめて見ることができるかもしれないということで、子どもたちの胸の高鳴りが聞こえてくるようでした。

 今年は、例年伺っているトキ保護センターや野生復帰ステーション、トキのためのビオトープに加え、野生のトキ探しや今年9月に予定しているトキの放鳥のための「簡易ゲージ」も見学させていただきました。
清水平ビオトープにて生きもの調査
 また、NPO法人トキどき応援団の皆さんや、佐渡市立行谷小学校から募集した子どもたちと共にビオトープづくりや生きもの調査をし、様々な交流を通して、トキやトキのすめる環境について多くのことを学びました。
 わずか3泊4日の間に、多くのことを学んだトキ子ども大使。「今回学んだトキの事、自然の事を、学校のみんなや多くの人に伝えたい」と、強い思いを口にしながら九重町に帰ってきました。

1日目
飛行機の乗継待ち時間 〜班長や係を決めました〜
新潟空港着 〜フェリーの出発まであまり時間がないから大急ぎ!!〜
フェリー内にて 〜佐渡の皆さんへの挨拶を考え中〜
2日目
野生のトキを観察 〜朝早くおきて、野生のトキを探しに行きました!!〜
佐渡市長表敬訪問 〜昨日決めた挨拶をみんなで〜
トキ保護センター 〜トキについて色々教えてもらいました〜
野生復帰ステーション 〜モニターに映るトキに興味津々〜
生椿ビオトープ 〜高野毅さんにトキのために守り続けてきた田んぼとビオトープを案内してもらいました〜
生きものがいっぱい!! 〜ビオトープには色々な種類のトンボにモリアオカエル、クロサンショウウオなどたくさんの生きものがいました〜
3日目
ビオトープづくり 〜清水平(昔トキ保護センターがあった場所)のビオトープの畦づくり体験〜
クワの使い方を伝授 〜トキどき応援団の皆さんにクワの使い方、畦の塗り方を教えてもらいました。〜
生きもの調査 〜ビオトープにはいろんな生きものがたくさんいます。行谷小学校のみんなと一緒に虫とり・魚とりに熱中〜
ザリガニがいっぱい 〜九重町では見かけないアメリカザリガニをたくさん捕まえてにっこり〜
トキのお話 〜昨年9月に放鳥されてから1年間のトキの動向について、土屋正起さんにお話を聞きました。〜
トキこども談義 〜地元行谷小学校のみんなとトキ・佐渡・九重など、色々な事について伝え合いました〜
4日目
振り返り 〜4日間で学んだ事と今後どう生かしていきたいかを話し合いました〜
記念写真 〜4日間お世話になったグリーンビレッジにて〜



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.