セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり

トキのすめる田んぼづくり 苗取り・田植え


2010年5月・6月

 トキの餌場となるような生き物の豊かな田んぼを目指し、有機・無農薬で取り組む『トキのすめる田んぼづくり』活動を今年も行いました。


5月22日(土)

老人クラブ白鳥会の方達と苗取り

 まず先陣をきって『トキのすめる田んぼづくり』に取り組んだのが、トキの里クラブの子どもたち。例年と同様、地元の老人クラブ白鳥会の皆さんの加勢をいただきながら、機械を使わず朝早くから苗を取り・田植えを行いました。トキの里クラブの子どもたちは、手馴れた様子で苗取り・田植えを楽しんでいました。
沢山の苗
昔ながらの方法で苗を運びます
田植え紐を使って田植え
田植えの途中ついつい泥んこ遊び


5月29日(土)

 一般参加者の苗取り・田植えを行いました。昨年までは苗取りに1日、田植えに1日、計2日間に渡って実施していましたが、今年は1日で苗取り・田植えにトライしました。朝早くから遠くは福岡県から参加した方もいましたが、「田植えが終わった後の温泉が最高!」と、一生懸命に作業していました。

苗取りの説明を聴く参加者
苗取りの最中、イモリを見つけました
田植えの前に腹ごしらえ
秋の収穫が楽しみです


5月31日(月)

飯田小学校5年生の田植え。苗を持ってさあ急げ
コツを掴んで田植えに慣れてきました
 九重町立飯田小学校5年生が、総合学習を利用しての田植えです。児童15名は、ほとんどが田植え体験は初めてとのことでしたが、泥だらけになるのも嫌がらず、また田植えのコツを掴むのが早く、すぐに田植え上手になりました。


6月5日(土)

 大分大学の学生さん約60名の田植えです。「大分の水 I」という授業で、田植え体験を実施。最初は素足で田んぼに入るのをためらう学生さんもいましたが、慣れてきたのか、途中からは「田んぼ、ちょー気持ちいいっ!」という声が聞こえてきました。
記念写真撮影
 九重ふるさと自然学校は、トキの餌場となるような生き物の豊かな田んぼを目指し、有機・無農薬田んぼ『トキのすめる田んぼづくり』に取り組んで今年で5年目に入りました。これからも、「トキのすめる田んぼ」「トキのすめる里」がその地域に住み暮らす人間にとっても「良い環境」という理念を実現させるために、活動の輪を広げていきます。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.