セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキのすめる里づくり

夏のボランティアワークキャンプ


2012年7月
田んぼの雑草(ヒエ)を一本一本抜いていきました
 完全無農薬で取り組んでいる「トキのすめる田んぼづくり」のもっとも大変な作業が無農薬ゆえに繁茂する雑草(主にヒエ)の除去です。今年もこの雑草除去のためのボランティアワークキャンプを行い、過去最多のボランティアの方に協力していただきました。
 田んぼに繁茂する雑草はトキなどの鳥にとっては、エサとなる生きものを取る際の邪魔になり、人にとっては、収穫を減らすことにつながるもので、トキにとっても人にとっても田んぼは雑草の無いすっきりとした状態が好ましいことになります。しかし、田んぼの雑草は除草剤を使わなければ除去することは容易ではなく、トキのすめる田んぼづくりにおいて夏の雑草取りは避けては通れない活動となっています。
 大変な作業である田んぼの雑草取りですが、年を経るごとに協力していただける人が増え、非常に心強く感じています。今回のワークキャンプでも、天候の関係で十分な時間の除草作業ができなかったにもかかわらず、1つの田んぼの雑草を一掃することができました。
取ったヒエの山
激しい雨に降られた際は、ゲームを通じて親睦を深めました
 トキのすめる田んぼづくりの作業は雑草除去以外にも様々なものがあります。これからもたくさんの人々と一緒にトキのすめる田んぼづくりを進めていきたいと思っておりますので、ご興味のある方はぜひワークキャンプ他もろもろの活動にご参加ください。人にも生きものにも優しい田んぼをつくり上げましょう。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.