セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキもすめる里づくり

トキもすめる田んぼづくり(田植え)


2013年5月
九重ふるさと自然学校のトキもすめる里づくり活動の柱の一つである「トキもすめる田んぼづくり」が今年もスタートしました。
5月18日
温泉のお湯で育てた湯苗の苗取りを教わりました
手で植える際にもいろいろコツがあります
 田植えの先陣を切ったのは、自然学校と一緒にトキもすめる里づくりの活動をしている「トキの里クラブ」の子どもたちでした。苗取りや田植えの仕方の指導、お昼ごはんの用意などは、老人クラブ・白鳥会の皆さんに協力していただきました。
5月25日
小さな子も頑張りました
転んで泥だらけに・・・これも田んぼの醍醐味?
 一般参加者を募集しての田植えを行いました。爽やかな快晴の下、田んぼの泥の感触が心地よい田植えでした。熱心に田植えをする大人をしり目に、ついつい生きものに目を奪われてしまう子どももいたのが印象的でした。
5月30日
小学校の授業でも田植え体験
 自然学校のすぐそばにある「飯田小学校」の4、5年生の総合的な学習の時間でもトキもすめる田んぼづくり・田植えを行いました。子どもたちはなれない田植えや足にまとわりつく泥に戸惑いながらも、カエルやサワガニなどの生きものを見つけては歓声を上げていました。
6月1日
田んぼの生きものの観察も行いました
小雨の中、合羽を着て田植えをしました
 福岡大学くじゅうの杜キャンパスの事業の一つとして、「くじゅうでお米を育てよう〜田植え〜」を自然学校の田んぼで実施しました。あいにくの雨模様でしたが、ドジョウを見つけたりオタマジャクシを追いかけたりしながら、楽しい田植えができました。
6月2日
田植えが終わった田んぼに米ぬかを散布しました
 大分大学の学生さんたちが田植えに来てくれました。田植え後には、雑草を抑制する試みとして米ぬかの散布も行いました。さらに今後、水深8cmの深水管理を合わせて行っていきます。今から効果が楽しみです。
 今年もたくさんの方に協力いただき、トキもすめる田んぼづくり・田植えが終了しました。今後も「いつかトキにも選んでもらえるような自然豊かな里」を夢みて、草取り、稲刈りと取り組んでいきたいと思います。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.