セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキもすめる里づくり

トキもすめる田んぼづくり 〜ヒエ取り〜


2013年07月20日(土)
 九重ふるさと自然学校では、昔ながらの方法や生きものがすみやすい環境を考え、トキ「も」すめるほど生きものが豊かな田んぼを目指しています。
 今回は、無農薬の田んぼならではの作業、ヒエ取りなどを行いました。
トンボの抜け殻発見!
ヒエの取り方は・・・
 今年は毎年行っているヒエ取りが功をなしたのか、ヒエはほとんど見られず、代わりにウリカワなどの雑草が繁茂していました。しかし、参加者の皆さんの力で雑草もほとんど取り除くことができました。
 また、子どもたちは田んぼにいる生きものに夢中で、カエルやミズカマキリなどいろいろな生きものを見つけてくれました。
皆さんと作業中
カエルがいた!
 あと2カ月ほどで稲刈りです。田んぼで生きものたちと一緒に育ち、稲が重い頭を垂らしてくれるのが待ち遠しく感じます。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.