セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

九重ふるさと自然学校はセブン-イレブン記念財団が運営しています。
文字サイズ
トキもすめる里づくり

夏のボランティアワークキャンプ


2013年7月6日(土)〜7日(日)
小動物の住処、エコスタックづくり。自然教室を訪れた人が生きものを観察できる仕掛けです
組み上げた枠に木の枝やワラ、木片、石などを適度に入れて、様々な隙間のある空間をつくります。隙間はカエルやトカゲなどの隠れ家となり、朽ちた木はカミキリムシやクワガタムシなどの産卵場所にもなります
 九重ふるさと自然学校の夏のボランティア活動の定番「夏のボランティアワークキャンプ」を今年も実施しました。
 例年、夏のボランティアワークキャンプではトキもすめる田んぼの草取りをメインに実施していましたが、今年はそれに加えて、九重自然教室に昆虫やトカゲなどの小動物の住処となるエコスタックを作る活動を行いました。
 多くのボランティアの方々の協力で、田んぼの草取り、エコスタック作りともに予定通り完了することができました。田んぼは雑草がなくなり、すっきりした環境になりました。エコスタックは今後の自然教室の来園者を楽しませてくれるツールの一つとして期待しています。
トキもすめる田んぼの草取り。田んぼの雑草を一斉に取っていきました
カエルなど、田んぼの生きものにも出会いました
 ボランティアワークキャンプは自然学校の活動を通して、自然保護・保全活動を行うのみならず、参加してくださったボランティアの皆さんの仲間作りの場としても有意義なものとなっています。自然保護活動がしてみたい方、自然の中で一緒に楽しむ仲間に出会いたい方は、ぜひ自然学校のワークキャンプにご参加ください。



このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.