野鳥のエサ台実況LIVE
[photo]
野鳥は案外私たちの身近に暮らしており、食べ物などがあれば家の庭などにもやって来ます。このような野鳥たちを積極的に招待しようというのがエサ台(バードフィーダー)です。自然界にエサが不足する冬期、エサ台はたくさんの野鳥たちでにぎわいます。九重ふるさと自然学校のエサ台の様子をLIVE中継でお伝えします。
日時・内容   
第1回
2021年12月5日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE①
九重ふるさと自然学校のエサ台は降雪と共に賑わいを増します。12月初旬のこの時期はまだ少し早いかもしれませんが、その分エサ台の考え方や構造・工夫などについてもご紹介します。
第2回
2021年12月19日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE②
秋に渡来した冬鳥たちも日本での生活に落ち着き、エサ台のことも認識してくる頃かと思われます。一通りの客人たちがそろったエサ台の様子をお届けします。
第3回
2022年1月9日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE③
年が明けて間もないですが、野鳥に正月気分なんてものはありません。珍客に出会うようなことがあれば、2022年の幸運は間違いなし?
第4回
2022年1月23日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE④
寒さがピークを迎えつつあるこの時期はエサ台が最もにぎわう時期でもあります。厳しい冬を懸命に生きる野鳥たちの様子をお届けします。
第5回
2022年2月6日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE⑤
引き続き寒さのピークでエサ台の賑わいが期待できます。気候や天候によってエサ台の表情も様々です。その日しか見られない野鳥たちの表情をご覧ください。
第6回
2022年2月20日(日)
10:00~10:30
[photo]
野鳥のエサ台実況LIVE⑥
2月も下旬に差し掛かり、冬鳥たちは北帰行に備えて体力をつける必要があります。エサ台はそんな彼らの助けにもなっていることでしょう。エサ台に賑わいをくれた冬鳥たちを見送ってください。
参加費
無料
対象
興味のある方ならどなたでも
定員
各回15組
申込方法
下記のURLから「プログラム参加受付票」にアクセスし、必要事項をご記入の上、送信してください。QRコードからもお申込みいただけます。
パソコンやスマートフォンなどの端末とインターネット環境が必要になります。接続方法等はお申込みいただいた方にそれぞれご案内いたします。
やむを得ずキャンセルする場合は、出来るだけ早いご連絡をお願い致します(キャンセル待ちの方に連絡するため)。
申込締切  
各回ともに開催日の1週間前まで
定員になり次第、締め切ります。
お申込み・お問合せ先
ご不明な点などがございましたらお気軽にお問合せください。
九重ふるさと自然学校 担当:阿部
〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1726-408
Tel:0973-73-0001 Fax:0973-79-3434
e-mail:kujyu-sizengakkou@7midori.org