文字サイズ
2013年5月11日(土)、12日(日)第13回 森と花の祭典―「みどりの感謝祭」
快晴の日比谷公園会場
森と花の祭典−「みどりの感謝祭」は、4月15日〜5月14日の「みどりの月間」のしめくくりとして、5月11日〜12日の2日間にわたり、東京都千代田区都立日比谷公園において開催されました。森林・樹木・花などの自然とのふれあいを通じてその恩恵に感謝するとともに、健全な青少年の育成や地球温暖化防止に資する緑化運動を推進することを目的として、農林水産省・林野庁、東京都、公益社団法人 国土緑化推進機構、財団法人 日本緑化センター、一般財団法人 日本森林林業振興会、東京緑化推進委員会が主催しています。
初日の11日に式典、二日目の12日は、子どもから大人まで楽しめる「みどりとふれあうフェスティバル」〜森の恵みを見て・触れて・食べて・感じる癒しの広場〜を実施。
今年はセブン-イレブン記念財団もこの広場に出店し、パネルや「2012年度活動報告書」「ご案内」などの冊子で記念財団の活動を紹介しました。お越しいただいたお客様から
「セブン-イレブンが何で出店しているの?」の「社会貢献は何をしてるの?」といった質問や、「レジの横の募金箱ですね!」といった声がありました。初日は雨模様でしたが、2日目は快晴。たくさんのお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。

[Photo]
雨の中テントのブースが続きます
[Photo]
どんな活動なの?
[Photo]
「活動報告書」を手に質問
[Photo]
募金箱知ってます
[Photo]
フォレストアドベンチャー


閉じる

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.