文字サイズ
2014年8月5(火) ~6日(水)「学校の森・子どもサミット(東京)」を開催します
集合写真
「学校の森・子どもサミット」は、児童の活動発表などの情報発信を通じて、その活動の輪を全国に広げていこうとするものです。全国から集まった小学生が、身近な森林や緑を活用した体験活動や教育活動、森林(もり)づくりの夢について発表します。セブン‐イレブン記念財団は、子どもサミットの主旨に賛同し、協賛しています。

 8月5(火)、東京都港区北青山の京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパスで、全国から集まった小学校12校の児童が自分たちの森林活動を発表しました。工夫をこらしたクイズ形式のユニークな発表では、場内が笑いに満ち、大いに盛り上がりました。
第二部では、児童は「木の葉書」ワークショップを行い、先生方は、実際に学校で行っている活動を紹介しながら、森林環境教育について4つのテーマに分かれた分科会を行いました。
[Photo]
児童の発表
[Photo]
ワークショップ
[Photo]
分科会
詳しくはこちらをご覧ください。
「学校の森・子どもサミット」


閉じる

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2019 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.