文字サイズ
学校の森・子どもサミット

学校の森・子どもサミットは全国から集まった児童たちによる森林環境学習の発表、先生や有識者による意見交換などを通じて、学校における森林環境教育の輪を全国へ広げていくことを目的に開催しています。 セブン-イレブン記念財団は、この趣旨に賛同し特別協賛しています。

2017年7月25日~27日「平成29年度 学校の森・子どもサミット夏大会」を開催しました!
子どもたちの発表

2017年7月25(火)、「平成29年度学校の森・子どもサミット」を愛知県豊田市・三重県大台町にて開催しました。北は北海道から南は熊本まで全国から集まった小学校10校の児童が自分たちの森林活動を発表しました。 一日目の発表には子どもたちや森林環境教育を担当している先生、発表を見に来た人約240名が参加しました。

子どもたちはいつも学校で行っている活動を緊張しながら、丁寧に発表しました。また、学校の紹介やフィールドとしている森林の特色など工夫を凝らした活動には大人も驚いていました。

森の健康診断をしている子供たち

発表の後、子どもたちは豊田市の六所山の森林で「森の健康診断」という、森を五感で体感し、人工林の健康状態を科学的に調べるプログラムに参加しました。森林の健康状態を調べていくと「自分たちの森がどのようになっているのか分かってきた」という子どもの感想もありました。

子どもたちがプログラムに参加している間、参加校の先生や一般参加者は森林環境教育を考える2つの分科会で学びました。

分科会1では「先生のための実践アクティブ・ラーニング〜森が感性・探究する力・学び合う力を育てる〜」、分科会2は「子どもたちと地域がつながる森林体験活動交流会〜子どもらのキヅキとマナビが森を変える。じっちゃんたちの本気で地域が変わる〜」をテーマに体験活動の実施方法など、いろいろな意見・アイディアが交わされました。

二日目は、三重県大台町へバスで移動し、豊田市の森で学んだ「森の健康診断」プログラムを大台町の人工林で行いました。

体験活動のあと、この日の宿泊先である大杉谷自然学校に移動し、火を起こしをしてかまどでご飯を炊いたり、鮎を焼いたり、五右衛門風呂の風呂焚きをしました。

お風呂に入るのを待つ間に、家族、学校の先生などに宛てて木のはがきで心を込めた手紙を作りました。

振り返りタイム
子どもたち全員で撮影

サミット三日目は、雨のため、川遊びの予定を変更して、3日間の体験の振り返りをしました。そして最後は学校ごとにわかれて、自分たちの学校に帰ってやりたいことを考えて、みんなで発表しました。



閉じる

ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.