セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2015年4月10日「高尾の森自然学校」が開校しました!
 東京都が初めて民間団体と取り組む協働事業として、東京都八王子市川町(高尾駅よりバス15分)の約26.5haの緑豊かな都有地に「高尾の森自然学校」を開校しました。
 昨年8月より開校に向け、地元の皆様をはじめ多くの方にご協力いただき、この日を迎えることができました。スタッフ一同感謝申し上げます。
 当日は、寒の戻りの寒い中、地元の方や報道の方などたくさんの方に来場いただきました。開校式では、東京都前田信弘副知事、八王子市石森孝志市長、山本憲司理事長、古屋一樹(株)セブン-イレブン・ジャパン取締役執行役員副社長の挨拶に続き、テープカット、記念植樹、記念講演会、自然観察会を行いました。
テープカットと記念植樹
[Photo]
テープカット:(左より)石森市長、前田副知事、古屋副社長、山本理事長が参列
[Photo]
生態系に配慮し、高尾の森のカエデを移植して記念植樹
[Photo]
山本憲司理事長より 「高尾の森自然学校」の活動に ついて説明
[Photo]
古屋副社長よりセブン-イレブン記念財団の設立や活動について説明
[Photo]
ご来場の皆様
記念講演会
[Photo]
ホールにて記念講演会
[Photo]
手前ホール、奥事務所
基調講演「未来の森づくりと環境教育」
栗駒高原自然学校 代表理事 佐々木豊志様
[Photo]
「持続可能な開発」を目ざした日本における環境教育の始まりから今日までの変遷、自然学校の役割と可能性について講演いただきました。
自然学校は、プロセスから学び、心、感性、体で〝考える〟ことを求める言葉や図では表現できない知識を得る体験教育を行います。火をつけるということを例にすれば、学校などで学ぶ概念学習では、燃焼の3要素という知識を学びますが、自然学校では実際に火をつける方法を学びます。
講演「森林資源循環と森づくり」
(株)サスティナライフ森の家 取締役 大場隆博様
[Photo]
森を守る活動、「宮城セブンの森」の活動、「高尾の森自然学校」の建材について説明していただきました。「高尾の森自然学校」は、「宮城セブンの森」の間伐材を建材に、外壁は防虫剤や防腐剤を塗らない焼き杉を、壁は珪藻土を使用し、全てが天然の材料でできています。
自然観察会
[Photo]
体験プログラムで森の中へ
[Photo]
けもの道の解説に興味深々
安全を祈って
[Photo]
御神事で安全・安泰・発展を御祈願
[Photo]
山の神様に活動の安全を御祈願

→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.