セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2015年6月13日(土) 高尾の森自然学校プログラム『野鳥観察会』を実施しました
 2015年6月13日(土)、高尾の森で「キツツキの仲間」をテーマに、「第4回野鳥観察会」を実施しました。昨日降った雨で森の中は潤い、植物はより成長が進み、奥山のような雰囲気を漂わせています。
photo01
駐車場に出て双眼鏡を使い、ターゲット探し
 参加者10名がアカゲラ班とアオゲラ班の2班に分かれて、散策トレイルを周り、野鳥を観察しました。高尾の森ではコゲラ、アカゲラ、アオゲラの3種類を観察することが出来ます。
 森へ入る前に双眼鏡に慣れるために、広場に設置したターゲットのカワセミ(はく製)を双眼鏡で探すゲームを行いました。一番早く見つけた方は、自称ハヤブサ君です。プログラム開始前に参加者への「何ていう名前で呼ばれたいですか?」との問いに、「ハヤブサ!」と答えてくれた小学生の男の子。さすがハヤブサを名乗ることだけあって、真っ先に見つけてくれました。
photo02
コゲラの突いた痕発見!
 森へ入り、目をつぶると、風の音や遠くでさえずるキビタキの声、森の音を聞いていると、なんとも心地の良い雰囲気に包まれました。次のポイントへ移動しようとしたその時、真上でホトトギスがさえずりはじめました。コナラに覆われているため姿を見ることはできませんでしたが、観察一番乗りはホトトギスでした。
 アカゲラ班が、森の奥へ進んでいくと、シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群に遭遇。混群とは、シジュウカラやヤマガラなどのカラ類と呼ばれる仲間やエナガやコゲラなどの異なる種類の小鳥たちが集まって行動することを言います。観察をしていると、前回6月6日(土)の観察会で見たメジロの墜落が、今度はシジュウカラで起きました。やはり、まだ飛び方が下手なのでしょう。止まろうとした枝が見つからず、落ち葉フカフカな地面へ「ボタっ!」と落ちました。すぐに飛んでいってしまったので、怪我なしと判断し一安心しました。
photo03
今はどこにいるかな?
 アオゲラ班は、沢まで続く道を進んでいくと、ササ藪の中から「シシシシ…」と音程が上がっていく虫に似た鳴き声が聞こえてきました。この鳥は「ヤブサメ」といい、4月から8月まで観察できる夏鳥の一種です。なかなか姿を見せず、観察するには根気と時間が必要な野鳥です。ヤブサメのさえずりを聞くうちに、お待ちかねのコゲラが姿を見せました。樹をつつく様子や登っていく光景が観察でき満足です。
photo04
地図にまとめてふりかえり
 森から戻り、地図づくりを行ないました。アカゲラ班はカラ類の混群に出会ったことやシジュウカラが落ちてきたことを、アオゲラ班はヤブサメのさえずりやコゲラの樹をつつく様子も観察したことを話しました。それぞれ違った観察が出来て、面白い情報が分かりました。
photo05
キツツキの仲間についてのお話

 プログラムの最後に、コゲラが穴を作る様子をアオゲラとコゲラの映像で紹介し、キキツツキの仲間の名の由来や、なぜ木をつつくのか、キツツキの仲間にどういう森が必要なのかを説明しました。コゲラやアカゲラの縄張り範囲は約200〜500mと言われています。近年、都市部の公園などでも確認できることもあります。お住いの近くで「コッコッコッ」と木をつつく音が聞こえてきたら、じっくり音のする樹を観察してみてください。「ギィ」と鳴きながらひょっこり白黒のまだら模様のコゲラが現れるかもしれません。

→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.