セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2016年2月28日(日) 高尾の森自然学校 自然保護特別講座『すばらしき大自然イエローストーン〜地球と生きもの 命のつながり〜』を実施しました。
[Photo]
イエローストーンと高尾の自然について説明
 米ロッキー山脈に位置する世界初の国立公園イエローストーン。その厳しい自然の中でたくましく生きる動物たちの素顔に迫るとともに、高尾の森自然学校の森に住む生きものや、その自然環境の大切さについて、スティーブ・ブラウンさんよりお話いただきました。
 イエローストーンには50m以上の高さまで吹き上がる間欠泉や高山湖があり、温泉の中に住む小さな微生物から大型のオオカミやバイソンまで、多くの野生動物が生息しています。そのすばらしい自然に親しむために毎年約400万人もの観光客が訪れ、その経済効果は年間334億円にも上ります。
 約9,000km2もの広大な敷地を有するイエローストーンですが、意外にも見られる植物は12種のみだそうです。一方、高尾山周辺では1,200種もの植物が生息し、地球規模で保全すべき場所として世界から注目を集めています。高尾の森自然学校の森林内でも季節の移り変わりの中で多くの植物を観察することができますが、その環境は世界からみても非常に貴重であることを改めて知りました。
 後半は高尾の森にも生息している、フクロウのペレット調査を行いました。ペレットとは、フクロウが消化しきれなかった獲物の骨や毛などを吐き出した塊です。ペレットの中身を調べることで、フクロウが食べた小動物のことや住んでいる森の環境を知ることができます(ペレットは滅菌加工されています)。 
[Photo]
集中して、食べられた生きものの手がかりを探します
[Photo]
フクロウはどんな生きものを食べたのでしょうか?
[Photo]
ネズミの歯や頭蓋骨を発見
 ペレットはほのかに草の匂いがし、少しずつ水でほぐしていくと中から白い骨や動物の毛が現れました。特に多かったのはネズミの骨で、尻尾から頭までパーツごとに並べていくと体のつくりがよく分かります。なかには、ネズミ3匹分の骨を探し出した方もいて、子どもから大人まで夢中になって宝探しをするように、調査しました。
[Photo]
豊かな日本の自然を大切にします
 スティーブさんよりお話いただいたイエローストーンの大自然とそこに生きる動植物、ペレット調査の中身から分かったフクロウ(捕食者)とネズミ(被食者)の関係のように、生きものと自然は密接につながっています。この命のつながりを絶やさないために、高尾の森でも身近な自然に目を向けて、今後も多くの人と一緒に、大切にまもっていきたいと思います。

→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.