セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2016年2月29日(月) 高尾の森自然学校『第19回森のお手入れボランティア』を実施しました。
[Photo]
活動当初の森の様子
 高尾の森自然学校では開校前の2014年11月より、地域の方を中心にボランティアを募り森林整備を行ってきました。かつて薪や炭が人の暮らしを支える主要な燃料だったころは、地域の方が柴刈りや下刈り、枝払いをするために毎日森へ入り、里山として綺麗に整備されていたそうです。しかし、その後人の手が入らなくなった森は背の高い木々や笹が生い茂り、活動当初には人が通る隙間もないほどの暗い森に変わっていました。
[Photo]
倒木は玉切りし、力を合わせて搬出
[Photo]
笹は根本から丁寧に刈り込み
 足を踏み入れることすら難しかった森ですが、現在はボランティアのみなさんと手づくりした散策路や階段もでき、散策を楽しめる明るい森になってきました。第19回となる2月の活動では、森の奥に流れる沢周辺の整備や周回できる散策路をつくるための笹刈りを実施しました。散策に来られる方が安全に歩けるように倒木を搬出し、密集していた笹も一本ずつ手作業で丁寧に刈り込みました。活動後には沢の周辺に広場ができ、散策路も約20m延長することができました。 
[Photo]
整備前
[Photo]
整備後
 地道な活動ですが、訪れる方が高尾の森の自然に親しめるように、今後も少しずつ森のお手入れを進めていきたいと思います。

→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.