セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団 トップページよくあるご質問ユーザーガイドサイトマップ
セブン-イレブン記念財団について活動のご紹介公募助成Let's ボランティア
市民の環境活動をサポート
自然環境を守る
富士山地域美化保全
霧多布湿原のナショナルトラスト
日光杉並木保護活動
九重ふるさと自然学校
高尾の森自然学校
東京湾再生官民連携フォーラム
地域の環境を美しく保つ
広報活動
災害復元支援事業
地球温暖化防止活動

文字サイズ
活動のご紹介

高尾の森自然学校

2017年11月23日(木)高尾の森自然学校×高尾の森わくわくビレッジ共同企画「高尾であそぼう!自然の森ワンデイキャンプ」を実施しました
[Photo]
アイスブレイクで初めての子とも仲良しに
[Photo]
ニックネームを考えて名札づくり

高尾の森自然学校から歩いて15分ほどのところにある宿泊可能な体験型学習施設「高尾の森わくわくビレッジ」との初めての共同企画 「高尾であそぼう!自然の森ワンデイキャンプ」を実施しました。

朝、あいにくの小雨の中、集まった小学4年生から6年生の子供たちは、初めて会った友達に少し緊張気味でしたが、ゲームや歌を交えたアイスブレイクが行われると、少しずつ打ち解け、あっという間に仲良しになりました。アイスブレイク後は、木の輪切りを切って名札づくり。ノコギリの使い方を学びながら、自分のニックネームを書いた名札を作っていました。

名札づくりを終えたころには、雨も上がり、森の中で、森の中の様々な色や形のものを探す「フィールドビンゴ」やシカと食べ物に分かれて競う「シカシカPON」などいろいろな自然発見ゲームを行いました。「シカシカPON」では、逃げ回る食べ物役の子を追いかけながら、歓声を上げて走り回って楽しんでいました。でも、ゲーム後にスタッフから、実は自然の中でのシカと食べ物のバランスについてのゲームだと、グラフを見せながら話すと、みんなびっくりしながらも納得していました。

昼食後は、森の木を使った秘密基地づくりに挑戦です。基本的な木の切り方を習い、実際に木を切り倒してグループごとに好きな場所に運び、自分たちで設計をして木や枝を組みながら、思い思いに時間いっぱい秘密基地を作りました。

[Photo]
自然発見ゲーム「シカシカPON」
[Photo]
相談しながら木の切り倒し
[Photo]
工夫をこらした秘密基地づくり

完成後は、みんなで焼き芋を作って、ほっと一息。食べながら発表の準備をしました。

秘密基地づくりで、自分たちの工夫点をグループごとに発表しました。クリスマスツリーを付けたこと、展望台となっていること、みんなが入れる基地であることなど色々です。ほかのグループの発想の面白さに、みんな感心していました。

[Photo]
秘密基地で焼き芋
[Photo]
工夫をした秘密基地づくり

最後に、今日一日の活動をムービーで振り返りました。少し離れている間に様々な経験をして成長した子供たちの姿に、うれしそうな保護者の顔が印象的でした。

参加者の方からは「一日みんなで行動し、木を切り倒したり、秘密基地を作るのが面白かった」「いろいろ学べたから、とにかく楽しかった」といった感想を頂きました。


→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2016 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.