セブン-イレブン みどりの基金 一般財団法人セブン-イレブン記念財団

活 動

文字サイズ

2018年6月30日(土)高尾の森自然学校プログラム 生きものしらべ「植物調査隊第2回」~毎木調査
植物調査と自然の変化を知る方法を身につけるプログラム「植物調査隊」を行いました。
今回のテーマは「毎木調査」。大きな樹木の名前と位置を記録しながら、サイズを測る調査です。目的をもって調査をすることの大切さ、毎木調査などを、オリジナルテキストを使いながら学習し、野外に出て実習しました。
実習は、樹木の場所の記録の仕方、見分け方、太さ、簡単な高さの測り方などを学んだ後、2人一組になって行いました。
実習後、調べたデータを活用し、樹木が1年間にどのくらい二酸化炭素を吸収量するかを計算してみました。このデータは、森の伐採更新実験の貴重な基礎資料として活用します。
午後のモニタリングサイト1000里地調査の植物相調査にも、小学校4年生も含め何名かの方に参加していただきました。ありがとうございました。
次回第3回は、9月2日(日)。テーマは森の植物の種類と量と構造を一度に記録する「植物社会学的調査」を予定しています。是非ご参加お待ちしています。
[Photo]
調査方法の説明中
[Photo]
太さを測ってみる
[Photo]
調べた結果の振り返り


→

このページの先頭へ
ご利用にあたってプライバシーポリシー
Copyright(C) 2000-2014 Seven-Eleven Foundation All Rights Reserved.